ホーム > アルバム > 8.120620 フランク・クルーミット:「リターンズ」オリジナル・レコーディングス1920-1938

フランク・クルーミット:「リターンズ」オリジナル・レコーディングス1920-1938

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

フランク・クルーミット:「リターンズ」オリジナル・レコーディングス1920-1938

CRUMIT, Frank: Frank Crumit Returns (1920-1938)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120620

全トラック選択/解除

Frank Crumit (1889-1975) / Billy Curtis

**:**
Down By The Railroad Track
1.
録音: 22nd April 1930, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/32894

リチャード・A・ホワイティング - Richard A. Whiting (1891-1938)

**:**
Ukulele Lady

録音: 10th June 1925, Camden, New Jersey
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34519
**:**
»  Ukelele Lady
2.

-

フレッド・フィッシャー - Fred Fisher (1875-1942)

**:**
Sonya (Yup Alay Yup!)
3.
録音: 3rd September 1925, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34520

コン・コンラッド - Con Conrad (1891-1938) / J・ラッセル・ロビンソン - J. Russell Robinson (1892-1963)

**:**
Palesteena
4.
録音: 1st October 1920, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34521

伝承 - Traditional

**:**
Pretty Little Dear
5.
録音: 6th August 1926, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34522
 
**:**
茶色の小瓶
6.

Little Brown Jug

録音: 7th January 1930, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34523
 
**:**
Jack Is Every Inch A Sailer
7.
録音: 31st August 1928, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34524
**:**
The Three Trees
8.
録音: 4th June 1928, Camden, New Jersey
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34525

Frank Crumit (1889-1975) / Ben Jerome

**:**
My Lady
9.
録音: 4th January 1927, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34526

Frank Crumit (1889-1975)

**:**
The Return Of Abdul Abulbul Amir
10.
録音: 24th June 1930, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34527
**:**
And Then He Took Up Golf
11.
録音: 19th February 1930, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34528

伝承 - Traditional

**:**
Granny's Old Arm Chair
12.
録音: 2nd December 1929, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34529
 
**:**
Riding Down From Bangor
13.
録音: 15th May 1933, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34530
 
**:**
Gum Tree Canoe
14.
録音: 2nd December 1929, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34531
**:**
I Don't Work For A Living
15.
録音: 21st January 1930, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34532
**:**
I Can't Stand Sittin' In A Cell
16.
録音: 17th February 1938, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34533

ハリー・ウォーレン - Harry Warren (1893-1981)

**:**
Would You Like To Take A Walk
17.
録音: 11th February 1931, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34534
**:**
Rhymes
18.
録音: 17th February 1932, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34535
**:**
The Pig Got Up And Slowly Walked Away
19.
録音: 18th October 1934, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34536

Frank Crumit (1889-1975)

**:**
The Dashing Marine
20.
録音: 13th October 1934, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34537
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
1889年にオハイオで生まれたフランク・クルーミットは、ブロードウェイで活躍後、全米にラジオが普及した1920年代末に、最初はCBS、続いてNBCでレギュラー番組を持ち、これが大成功!とにかく声と話芸だけで受けなくてはならなかった時代の人だけあって、その録音盤に込められた芸達者な表現力の幅たるや半端ではありません。目を閉じて聴くと、ある時はとぼけた、そしてある時は味わい深い歌声と変幻自在の語り口から、古き良きアメリカの大衆の健全な笑い声が聞こえてくるかのようです。おしどりコンビだったジュリア・サンダーソン夫人との二重唱《ウッド・ユー・ライク・トゥ・テイク・ア・ウォーク》も実にいい味を出しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。