ホーム > アルバム > 8.120627 コール・ポーター第2集:「バット・イン・ザ・モーニング・ノー」オリジナル・レコーディングス1930-1943

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120627
CD発売時期
2002年10月
資料
ジャンル
ノスタルジア
カテゴリ
ノスタルジア
作曲家
コール・ポーター Cole Porter
作詞家
コール・ポーター Cole Porter
アーティスト
エディ・デューチン管弦楽団 Eddy Duchin Orchestra , ジュディ・ガーランド Judy Garland , フランキー・カール Frankie Carle , アン・シェルトン Anne Shelton , ジミー・ドーシー・オーケストラ Jimmy Dorsey Orchestra , ケン・ダービー Ken Darby , ラモナ・デイヴィス Ramona Davies , エディ・デューチン Eddy Duchin , レイ・ノーブル Ray Noble , バート・アンブローズ・オーケストラ Bert Ambrose Orchestra , ビクター・ヤング・オーケストラ Victor Young Orchestra , フェアチャイルド&キャロル管弦楽団 Fairchild and Carroll Orchestra , バッド・フラナガン Bud Flanagan , アル・ボウリー Al Bowlly , ポール・ウェストン管弦楽団 Paul Weston Orchestra , ポール・ホワイトマン管弦楽団 Paul Whiteman Orchestra , ポール・ホワイトマン Paul Whiteman , メアリー・マーティン Mary Martin , エセル・マーマン Ethel Merman , レイ・ノーブル管弦楽団 Ray Noble Orchestra , レオ・レイズマン管弦楽団 Leo Reisman Orchestra , ガートゥルード・ローレンス Gertrude Lawrence , リー・ワイリー Lee Wiley , Lew Conrad , Frances Day , Phil Dewey , Harry Sosnik Orchestra , John Hauser , Peggy Healy , Libby Holman , Jay Wilbur Serenaders , Johnny Mercer Piano Trio , Francis Langford , Bob Lawrence , Libby Holman Orchestra , Mal Hallett Orchestra , Bubber Miley , Pickens Sisters , Elisabeth Welch

コール・ポーター第2集:「バット・イン・ザ・モーニング・ノー」オリジナル・レコーディングス1930-1943

PORTER, Cole: But in the Morning, No (1930-1943)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120627

全トラック選択/解除

コール・ポーター - Cole Porter (1891-1964)

**:**
ウェイク・アップ・アンド・ドリーム - ホワット・イズ・ディス・スィング・コールド・ラブ?

What Is This Thing Called Love? (from Wake Up And Dream)

録音: 20th January 1930, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/34825
**:**
»  What is this thing called love?
1.

-

 
**:**
Love For Sale (from The New Yorkers)

録音: 2nd February 1931, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730393
**:**
»  Love for sale
2.

-

 
**:**
Night And Day (from The Gay Divorce)

録音: 2nd February 1933, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730394
**:**
»  Night and Day
3.

-

 
**:**
The Physician (from Nymph Errant)

録音: 18th October 1933, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730395
**:**
»  The Physician
4.

-

 
**:**
Solomon (from Nymph Errant)

録音: 18th October 1933, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730396
**:**
»  Solomon
5.

-

 
**:**
Anything Goes (selection)
6.
録音: 26th October 1934, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730397
 
**:**
Rap Tap On Wood (from Born To Dance)

録音: 3rd August 1936, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730398
**:**
»  Rap tap on wood
7.

-

 
**:**
Easy To Love (from Born To Dance)

録音: 25th September 1936, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730399
**:**
»  Easy to love
8.

-

 
**:**
踊るアメリカ艦隊 - あなたはしっかり私のもの

I've Got You Under My Skin (from Born To Dance)

録音: 10th February 1937, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730400
**:**
»  I've got you under my skin
9.

-

 
**:**
A Picture Of Me Without You (from Jubilee)

録音: 7th September 1935, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730401
**:**
»  A picture of me without you
10.

-

 
**:**
Ridin' High (from Red Hot and Blue)

録音: 13th January 1937, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730402
**:**
»  Ridin' high
11.

-

 
**:**
Red Hot and Blue (from Red Hot And Blue)

録音: 6th November 1936, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730403
**:**
»  Red hot and blue
12.

-

 
**:**
ウェイク・アップ・アンド・ドリーム - ホワット・イズ・ディス・スィング・コールド・ラブ?

Looking At You (from Wake Up and Dream)

録音: 15th April 1940, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730404
**:**
»  Looking at you
13.

-

 
**:**
リーヴ・イット・トゥ・ミー - 私の心はパパのもの

My Heart Belongs To Daddy (from Leave It To Me)

録音: 2nd December 1938, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730405
**:**
»  My heart belongs to daddy
14.

-

 
**:**
Make It Another Old-Fashioned, Please (from Panama Hattie)

録音: 2nd December 1940, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730406
**:**
»  Make it another old-fashioned, please
15.

-

 
**:**
Friendship (from DuBarry Was A Lady)

録音: 15th April 1940, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730407
**:**
»  Friendship
16.

-

 
**:**
But In The Morning, No (from DuBarry Was A Lady/Black Vanities)

録音: 8th June 1941, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730408
**:**
»  But in the morning, no
17.

-

 
**:**
サムシング・トゥ・シャウト・アバウト - ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ

You'd Be So Nice To Come Home To (from Something To Shout About)

録音: 19th June 1943, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2730409
**:**
»  You'd be so nice to come home to
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ロシア系の移民やユダヤ系が多かったソングライターの世界で、ひときわ異色を放ったのがコール・ポーターです。なにしろ富豪の御曹司で、しかもハーバードとイェールの出身!パリに遊学し、大金持ちの未亡人と結ばれ、詞も書けば、曲も作り、それらが大ヒットして大判小判がザックザック状態なんですから、笑いが止まりません。作風は、ひと捻りした都会的な感性とユニークで華麗なコード進行が特徴的。甘いだけではなく、エキゾチックな味わいが含まれているあたりにもご注目ください。どこかで耳にしたことがあるメロディが次々に登場します。リー・ワイリー、エセル・マーマン、ジュディ・ガーランドなど、名花たちの競演も嬉しいですね。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。