ホーム > アルバム > 8.120649 ルロイ・アンダーソン:クラシカル・ジュークボックス (1947-1950)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120649
CD発売時期
2003年1月
資料
ジャンル
クラシック, ノスタルジア
カテゴリ
ノスタルジア, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルロイ・アンダーソン Leroy Anderson , Bernie Baum , Stephan Weiss
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
アルフレッド・クリップス Alfred Krips , アーサー・フィードラー Arthur Fiedler , ボストン・ポップス・オーケストラ Boston Pops Orchestra , Roger Voisin

ルロイ・アンダーソン:クラシカル・ジュークボックス (1947-1950)

ANDERSON, L.: Classical Juke Box (1947-1950)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120649

全トラック選択/解除

Bernie Baum (1929-1993) / Stephan Weiss (1899-)

**:**
Classical Juke Box
1.
録音: 19th June 1950, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35846

ルロイ・アンダーソン - Leroy Anderson (1908-1975)

**:**
シンコペーテッド・クロック
2.

The Syncopated Clock

録音: 18th June 1950, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35847
 
**:**
チキン・リール
3.

Chicken Reel

録音: 20th June 1947, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35848
 
**:**
フィドル・ファドル
4.

Fiddle Faddle

録音: 21st June 1947, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35849
 
**:**
セレナータ
5.

Serenata

録音: 25th April 1949, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35850
 
**:**
そりすべり
6.

Sleigh Ride

録音: 25th April 1949, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35851
 
**:**
アイルランド組曲 - アイルランドの洗濯女
7.

The Irish Washerwoman (Irish Suite)

録音: 17th June 1949, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35852
 
**:**
アイルランド組曲 - 吟遊詩人の少年
8.

The Minstrel Boy (Irish Suite)

録音: 17th June 1949, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35853
 
**:**
アイルランド組曲 - マローの道業者
9.

The Rakes Of Mallow (Irish Suite)

録音: 17th June 1949, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35854
 
**:**
アイルランド組曲 - 緑が野に
10.

The Wearing Of The Green (Irish Suite)

録音: 17th June 1949, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35855
 
**:**
アイルランド組曲 - 夏のなごりのバラ(庭の千草)
11.

The Last Rose Of Summer (Irish Suite)

録音: 17th June 1949, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35856
 
**:**
アイルランド組曲 - 忘れえぬ乙女
12.

The Girl I Left Behind Me (Irish Suite)

録音: 17th June 1949, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35857
 
**:**
サラバンド
13.

Saraband

録音: 19th June 1950, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35858
 
**:**
プロムナード
14.

Promenade

録音: 18th June 1950, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35859
 
**:**
トランペット吹きの子守歌
15.

A Trumpeter's Lullaby

録音: 18th June 1950, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35861
 
**:**
ジャズ・レガート/ジャズ・ピチカート
16.

Jazz Legato - Jazz Pizzicato

録音: 18th June 1950, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35862
 
**:**
クリスマス・フェスティヴァル
17.

A Christmas Festival

録音: 19th June 1950, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35863
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「人が音楽に集中できるのは3・4分だ」というポリシーを持ち、気の利いたオーケストラのための小品を書き続けた人物。それがルロイ・アンダーソンです。1938年に書いた《ジャズ・ピチカート》で、セミ・クラシックの雄アーサー・フィードラーに認められたアンダーソンは、以後、ボストン・ポップス座付きの作曲家・編曲家として大活躍。クリスマス・シーズンの定番曲のひとつともいえる《そり滑り》やタイプライターの音をソロ楽器として取り込んでしまった《タイプライター》などを通じて、今も世界中の音楽ファンに愛されています。演奏は、極めつけのフィードラーとボストン・ポップスの名コンビ!夢と希望に満ちた楽しい世界が広がります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。