ホーム > アルバム > 8.120657 ジーン・クルーパ:「ワイヤー・ブラッシュ・ストンプ」オリジナル・レコーディングス1935-1940

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

ジーン・クルーパ:「ワイヤー・ブラッシュ・ストンプ」オリジナル・レコーディングス1935-1940

KRUPA, Gene: Wire Brush Stomp (1935-1940)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120657

全トラック選択/解除

ビリー・ヒル - Billy Hill (1899-1940)

**:**
The Last Round-up
1.
録音: 19th November 1935, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35757

トム・デラニー - Tom Delaney

**:**
Jazz Me Blues
2.
録音: 19th November 1935, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35758

ジーン・クルーパ - Gene Krupa (1909-1973)

**:**
Blues Of Israel
3.
録音: 19th November 1935, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35759

Harry Ruby (1895-1974)

**:**
Three Little Words
4.
録音: 19th November 1935, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35760

Jess Stacy (1904-1995)

**:**
Barrelhouse
5.
録音: 16th November 1935, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35761

アーネスト・セイツ - Ernest Seitz (1892-1978)

**:**
The World Is Waiting For The Sunrise
6.
録音: 16th November 1935, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35762

Dave Franklin (1895-1970)

**:**
I Hope Gabriel Likes My Music
7.
録音: 29th February 1936, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35763

不詳 - Anonymous

**:**
Mutiny In The Parlor
8.
録音: 29th February 1936, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35764
**:**
I'm Gonna Clap My Hands
9.
録音: 29th February 1936, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35765

ジーン・クルーパ - Gene Krupa (1909-1973) / ロイ・エルドリッジ - Roy Eldridge (1911-) / Chu Berry (1908-1941)

**:**
Swing Is Here
10.
録音: 29th February 1936, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35766

ヴィンセント・ユーマンス - Vincent Youmans (1898-1946)

**:**
I Know That You Know
11.
録音: 15th April, 1938, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35784

ジーン・クルーパ - Gene Krupa (1909-1973) / Chappie Willett (1907-1976)

**:**
Apurksody (Theme Song)
12.
録音: 12th December 1938, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35767

ハリー・ウォーレン - Harry Warren (1893-1981)

**:**
ナガサキ
13.

Nagasaki

録音: 19th July 1938, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35768

ジーン・クルーパ - Gene Krupa (1909-1973) / Sam Donahue (1918-1974) / ジョニー・リチャーズ - Johnny Richards (1911-1968)

**:**
Quiet And Roll 'Em
14.
録音: 26th February 1939, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35770

ジーン・クルーパ - Gene Krupa (1909-1973) / レイ・ビオンディ - Ray Biondi (-1980) / Remo Biondi (1905-1981)

**:**
Wire Brush Stomp
15.
録音: 2nd June 1938, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35771

スキップ・マーティン - Skip Martin / Henry Russell (1812-1900)

**:**
The Madam Swings It
16.
録音: 26th February 1939, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35772

Chappie Willett (1907-1976)

**:**
Jungle Madness
17.
録音: 17th April 1939, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35773
**:**
Ta-Ra-Ra-Boom-Der-E
18.
録音: 1st December 1938, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35774

Chappie Willett (1907-1976) / Teddy Hill (1909-1978)

**:**
Blue Rhythm Fantasy
19.
録音: 2nd January 1940, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35775

ジーン・クルーパ - Gene Krupa (1909-1973) / ティニー・パーハム - Tiny Parham (1900-1943)

**:**
Drummin' Man
20.
録音: 2nd November 1939, Chicago
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/35776
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
最近、どうも小気味よくスウィングするドラマーに出会えない。発端は、デニス・チェンバースなどの「千手観音系」ドラマーの跋扈にあるのではないか。勿論、デジョネットなんかはいいんだけどさ。時々彼にも違和感を覚えることがある。と思っていたら、ジーン・クルーパ。いいですねえ。ドラム主導型のバンドであり、選曲であり、演奏でありながら、全然うるさくはない。こういうドラムは、もう居なくなってしまったのかな。という訳で、スウィングとはこういうものだ、という感覚を味わいたくなったら、まずはこのあたりから、どうですかそしたらモダン期には、ケニー・クラーク、エド・シグペン、マックス・ローチあたりですかね。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。