ホーム > アルバム > 8.120687 ビリー・エクスタイン:ユアーズ・トゥ・コマンド (1950-1952)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120687
CD発売時期
2003年9月
資料
ジャンル
ジャズ・レジェンド
カテゴリ
ジャズ・レジェンド
作曲家
ジョージ・デイヴィッド・ウェイス George David Weiss , ベン・ウェイズマン Ben Weisman , マック・ウォルフソン Mack Wolfson , ホーギー・カーマイケル Hoagy Carmichael , ジョニー・グリーン Johnny Green , ルス・コロンボ Russ Colombo , フランク・シナトラ Frank Sinatra , ハロルド・スピーナ Harold Spina , ジェネ・デ・ポ-ル Gene De Paul , ペーテル・ティントゥリン Peter Tinturin , シルヴィア・ファイン Sylvia Fine , ニコラス・ブロドスキー Nicholas Brodszky , ジョエル・S・ヘロン Joel S. Herron , ヴィクター・ヤング Victor Young , ドン・ライエ Don Raye , ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ Nikolay Andreyevich Rimsky-Korsakov , ピーター・ルゴロ Peter Rugolo , バートン・レーン Burton Lane , Bennie Benjamin , Tolchard Evans , Felner , Albert Lewin , Lynn , Ruth Poll , Kay Twomey , Eddie White , Fred Wise , Jack W. Wolf
アーティスト
ビリー・エクスタイン Billy Eckstine , ラス・ケース Russ Case , スタジオ・オーケストラ Studio orchestra , バディ・ベイカー Buddy Baker , ネルソン・リドル Nelson Riddle , ピート・ルゴロ Pete Rugolo , Quartones, The

ビリー・エクスタイン:ユアーズ・トゥ・コマンド (1950-1952)

ECKSTINE, Billy: Yours To Command (1950-1952)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120687

全トラック選択/解除

Bennie Benjamin (1907-1989) / ジョージ・デイヴィッド・ウェイス - George David Weiss (1921-2010)

**:**
When You Return
1.
録音: December 1950, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38912

Tolchard Evans (1901-1978)

**:**
If
2.
録音: December 1950, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38913

Ruth Poll / ピーター・ルゴロ - Peter Rugolo (1915-)

**:**
Bring Back The Thrill
3.
録音: December 1950, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38914

ホーギー・カーマイケル - Hoagy Carmichael (1899-1981)

**:**
スターダスト
4.

Stardust

録音: September 1950, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38924

ジョニー・グリーン - Johnny Green (1908-1989)

**:**
I Wanna Be Loved
5.
録音: May 1950, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38925

ジェネ・デ・ポ-ル - Gene De Paul (1919-1988) / ドン・ライエ - Don Raye (1909-1985)

**:**
Here Come the Blues
6.
録音: January 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38930

バートン・レーン - Burton Lane (1912-1997)

**:**
I Left My Hat In Haiti
7.
録音: January 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38931

ルス・コロンボ - Russ Colombo (1908-1934)

**:**
I'm Yours To Command
8.
録音: January 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38915

ペーテル・ティントゥリン - Peter Tinturin (1910-2007)

**:**
What Will I Tell My Heart?
9.
録音: March 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38926

フランク・シナトラ - Frank Sinatra (1915-1998) / Jack W. Wolf / ジョエル・S・ヘロン - Joel S. Herron

**:**
I'm A Fool To Want You
10.
録音: May 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38927

ヴィクター・ヤング - Victor Young (1900-1956)

**:**
Love Me
11.
録音: May 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38916

ハロルド・スピーナ - Harold Spina (1906-1997)

**:**
Once
12.
録音: March 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38928

Eddie White / マック・ウォルフソン - Mack Wolfson / シルヴィア・ファイン - Sylvia Fine (1913-1991)

**:**
Be Fair
13.
録音: 1952, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38923

ジョニー・グリーン - Johnny Green (1908-1989) / Albert Lewin (1894-1968)

**:**
Pandora
14.
録音: May 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38929

ニコラス・ブロドスキー - Nicholas Brodszky (1905-1958)

**:**
Wonder Why
15.
録音: May 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38917

ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ - Nikolay Andreyevich Rimsky-Korsakov (1844-1908)

**:**
Enchanted Land
16.
録音: May 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38918
**:**
I've Got My Mind On You
17.
録音: 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38919

Kay Twomey / ベン・ウェイズマン - Ben Weisman (1921-) / Fred Wise (1915-1966)

**:**
Strange Sensation
18.
録音: March 1952, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38920

ニコラス・ブロドスキー - Nicholas Brodszky (1905-1958)

**:**
ビコーズ・ユーアー・マイン
19.

Because You're Mine

録音: 1952, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38921

ルス・コロンボ - Russ Colombo (1908-1934)

**:**
Until Eternity
20.
録音: 1952, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/38922
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ビリー・エクスタイン。この声、女の子宮に響く声とはこのことですな。ところで、私にはこの音盤、ピート・ルゴロのオーケストレーションを聴くためにあるようなものです。こういうオタクっぽい聴き方はヘンですが、ルゴロのオーケストレーションが堪能できるCDって、ジューン・クリスティの歌伴なぞを除くと、今、意外と無いんです。しかし、主役のエクスタイン。いい声。こういう声なら楽器は練習しなくていいね。女性になりきって聴いてみたいと思う1枚です。ルゴロの譜面が面白いのは、「アイ・レフト・マイ・ハット・イン・ハイチ」と「エンチャーンテッド・ランド」です。ヘンな曲。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。