ホーム > アルバム > 8.120719 カルメン・ミランダ:「サウス・アメリカン・ウェイ」オリジナル・レコーディングス 1939-1945

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120719
CD発売時期
2003年9月
資料
ジャンル
ノスタルジア
カテゴリ
ノスタルジア
作曲家
ゼキーニャ・ジ・アブレウ Zequinha de Abreu , N・アマラウ N. Amaral , ハリー・ウォーレン Harry Warren , ミウトン・オリヴィエラ Milton Oliveira , ドリヴァル・カイミ Dorival Caymmi , アル・ダブリン Al Dubin , 伝承 Traditional , アーヴィン・M・ドレイク Ervin M. Drake , ラマルティーン・バーボ Lamartine Babo , ジョアン・デ・バッロ Joao de Barro , アリ・バローソ Ary Barroso , アンドレ・フィーリョ Andre Filho , ジミー・マクヒュー Jimmy McHugh , アルベルト・リビエーロ Alberto Ribiero , アロルド・ロボ Haroldo Lobo , Paulo Barbosa , Plinio Bretas , H. Cruz , Brant Horta , Luiz Iglesias , Roberto Martins , Antonio Nassara , Scevino Netto , Aloysio de Oliveira , Jararaca Paiva , Vincente Paiva , Sa Roris , Walfrido Silva , Pires Vermelho
作詞家
マック・ゴードン Mack Gordon , 不詳 Anonymous
アーティスト
カーメン・ミランダ Carmen Miranda

カルメン・ミランダ:「サウス・アメリカン・ウェイ」オリジナル・レコーディングス 1939-1945

MIRANDA, Carmen: South American Way (1939-1945)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120719

全トラック選択/解除

伝承 - Traditional

**:**
Bambu-Bambu
1.
録音: 26 December 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39750
**:**
Mama Eu Quero
2.
録音: 26 December 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39751

ドリヴァル・カイミ - Dorival Caymmi (1914-2008)

**:**
O Que E Que a Bahiana Tem
3.
録音: 26 December 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39752

ジミー・マクヒュー - Jimmy McHugh (1894-1969) / アル・ダブリン - Al Dubin (1891-1945)

**:**
South American Way
4.
録音: 26 December 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39753

Paulo Barbosa (1968-) / ラマルティーン・バーボ - Lamartine Babo (1904-1963)

**:**
Co, Co, Co, Co, Co, Co, Ro (Machinha do, Grande Gallo)
5.
録音: 26 December 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39754

アルベルト・リビエーロ - Alberto Ribiero / ジョアン・デ・バッロ - Joao de Barro (1907-)

**:**
Touradas Em Madrid
6.
録音: 26 December 1939, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39755

ハリー・ウォーレン - Harry Warren (1893-1981)

**:**
I Yi Yi Yi Yi (I Like You Very Much)
7.
録音: 15 January 1941, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39756
**:**
Alo Alo
8.
録音: 15 January 1941, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39757

ハリー・ウォーレン - Harry Warren (1893-1981)

**:**
Chica Chica Boom Chic
9.
録音: 15 January 1941, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39758
**:**
Bambale
10.
録音: 15 January 1941, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39759
**:**
Cae Cae
11.
録音: 15 January 1941, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39760

Antonio Nassara (1910-1996) / Sa Roris

**:**
Arca de Noe
12.
録音: 15 January 1941, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39761
**:**
Diz Que Tem
13.
録音: 13 October 1941, New york
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39762

Brant Horta / Aloysio de Oliveira (1914-1995) / N・アマラウ - N. Amaral (1913-1962)

**:**
Rebola a Bola
14.
録音: 9 October 1941, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39763
**:**
Nao Te Dou a Chupeta
15.
録音: 13 October 1941, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39764

ハリー・ウォーレン - Harry Warren (1893-1981)

**:**
チャタヌガ・チュー・チュー
16.

Chattanooga Choo Choo

録音: 25 July 1942, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39765

アリ・バローソ - Ary Barroso (1903-1964) / Luiz Iglesias

**:**
Boneca de Pixe
17.
録音: 25 July 1942, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39766
**:**
Tic Tic Tac do Meu Coracao
18.
録音: 25 July 1942, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39767

アロルド・ロボ - Haroldo Lobo (1910-1965) / ミウトン・オリヴィエラ - Milton Oliveira (1916-1986)

**:**
O Passo do Kanguru (Brazilly Willy)
19.
録音: 25 July 1942, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39768

アリ・バローソ - Ary Barroso (1903-1964) / アーヴィン・M・ドレイク - Ervin M. Drake (1919-)

**:**
Upa Upa
20.
録音: 27 January 1945, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39769

Aloysio de Oliveira (1914-1995) / ゼキーニャ・ジ・アブレウ - Zequinha de Abreu (1880-1935)

**:**
Tico Tico
21.
録音: 27 January 1945, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/39770
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ブラジルからアメリカに進出し、またたくまに大ブームを巻き起こしたのが、カルメン・ミランダです。とにかく、アメリカ人がイメージする「エキゾチック」を体現した伝説的なパフォーマーとして、ハリウッドを通じて国際的なスターの座を獲得。ターバンにバナナを乗せた彼女のファッション・スタイルは、今でもアメリカの仮装パーティーの定番として残っているほどです。歯切れのよいアコースティック・サウンドにのせて、英語圏の人には早口言葉のように聞こえる歌詞を、ポンポンと勢いよく歌うあたりの小気味よさや豊かな表現力は、彼女が単なる色物系ではなかったことを証明していると書いてよいでしょう!とにかく、楽しいアルバムです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。