ホーム > アルバム > 8.120776 マレーネ・ディートリッヒ: 第2集「小粋なローラ」オリジナル・レコーディングス1928-1941

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120776
CD発売時期
2004年9月
資料
ジャンル
ノスタルジア
カテゴリ
ノスタルジア
作曲家
ペーター・クロイダー Peter Kreuder , クルト・ゲルハルト Kurt Gerhardt , ロベルト・シュトルツ Robert Stolz , ミヒャエル・スポリアンスキー Michael Spoliansky , ルドルフ・ネルソン Rudolf Nelson , コール・ポーター Cole Porter , フリードリヒ・ホレンダー Friedrich Hollaender , ヴァルター・ライシュ Walter Reisch , ロベルト・リープマン Robert Liebmann , フランク・レッサー Frank Loesser , フリッツ・ロッター Fritz Rotter , レオ・ロビン Leo Robin , Sam Coslow , Max Kolpe , Franz Wachsmann
作詞家
ペーター・クロイダー Peter Kreuder , コール・ポーター Cole Porter , フリードリヒ・ホレンダー Friedrich Hollaender , サミー・ラーナー Sammy Lerner , フリッツ・ロッター Fritz Rotter
アーティスト
ウォルバーグ・オーケストラ Wal-Berg Orchestra , ペーター・クロイダー Peter Kreuder , スタジオ・オーケストラ Studio orchestra , スタジオ・ピアニスト Studio pianist , ミッシャ・スポリアンスキー Mischa Spoliansky , マレーネ・ディートリヒ Marlene Dietrich , ビクター・ヤング・オーケストラ Victor Young Orchestra , フリードリヒ・ホランダー・ジャズ交響楽団 Friedrich Hollander Jazz Symphony Orchestra , ペーター・クロイダー管弦楽団 Peter Kreuder Orchestra , フリードリヒ・ホレンダー Friedrich Hollaender , Mischa Spoliansky Revue Orchestra

マレーネ・ディートリッヒ: 第2集「小粋なローラ」オリジナル・レコーディングス1928-1941

DIETRICH, Marlene: Naughty Lola (1928-1941)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120776

全トラック選択/解除

ミヒャエル・スポリアンスキー - Michael Spoliansky (1898-1985)

**:**
Potpourri aus der Revue Es liegt in der Luft
1.
録音: January 1928, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46790
 
**:**
Es liegt in der Luft: Wenn die beste Freundin
2.
録音: June 1928, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46791

ロベルト・リープマン - Robert Liebmann (1890-) / フリードリヒ・ホレンダー - Friedrich Hollaender (1896-1976)

**:**
The Blue Angel

録音: January 1930, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46792
**:**
»  Naughty Lola
3.

-

**:**
»  Ich bin von Kopf bis Fuss auf Liebe eingestellt
4.

-

**:**
»  This Evening, Children
5.

-

フリードリヒ・ホレンダー - Friedrich Hollaender (1896-1976)

**:**
Wenn ich mir was wunschen Durfte
6.
録音: February 1930, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46793

ルドルフ・ネルソン - Rudolf Nelson / フリードリヒ・ホレンダー - Friedrich Hollaender (1896-1976)

**:**
Peter
7.
録音: April 1931, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46796

フリードリヒ・ホレンダー - Friedrich Hollaender (1896-1976)

**:**
Jonny (take 1)
8.
録音: April 1931, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46794
 
**:**
Jonny (take 2)
9.
録音: April 1931, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46795

レオ・ロビン - Leo Robin (1895-1984) / Sam Coslow (1902-1982)

**:**
Blonde Venus: Hot Voodoo
10.
録音: 1932, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46797

ロベルト・シュトルツ - Robert Stolz (1880-1975) / ヴァルター・ライシュ - Walter Reisch (1903-1983)

**:**
Ja, so bin ich
11.
録音: July 1933, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46799

ペーター・クロイダー - Peter Kreuder (1905-1981) / フリッツ・ロッター - Fritz Rotter (1900-1984)

**:**
Mein blondes Baby
12.
録音: July 1933, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46802

Max Kolpe (1905-1998) / Franz Wachsmann (1906-1967)

**:**
Allein - in einer grossen Stadt
13.
録音: July 1933, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46800

ペーター・クロイダー - Peter Kreuder (1905-1981) / クルト・ゲルハルト - Kurt Gerhardt

**:**
Wo ist der Mann?
14.
録音: July 1933, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46801

コール・ポーター - Cole Porter (1891-1964)

**:**
You Do Something To Me
15.
録音: 19 December 1939, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46803

フリードリヒ・ホレンダー - Friedrich Hollaender (1896-1976)

**:**
Falling In Love Again
16.
録音: 11 December 1939, Los Angeles
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46804

フランク・レッサー - Frank Loesser (1910-1969) / フリードリヒ・ホレンダー - Friedrich Hollaender (1896-1976)

**:**
The Boys In the Back Room: Parody

録音: 1941, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/46805
**:**
»  The Boys In the Back Room: Parody
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
当ディスクは第1集の内容を補完するように、1928年にベルリンのレビューで活躍していた時代の録音から、“ドイツのセックス爆弾”としてハリウッドへ進出して大成功を収め、やがて第2次世界大戦が勃発、という時期の歌声がたっぷりと収録されています。ドイツ語だろうが、英語だろうが、古風なキャバレー・ソングだろうが、ジャジーな曲だろうが、ブルージーな調べだろうが、とにかくディートリッヒの存在感そのものに圧倒されそうです。ドイツを代表するフリードリッヒ・ホレンダーの楽団と、アメリカを代表するヴィクター・ヤング楽団のサウンドの差など、ドイツとアメリカの音楽に対する好みがはっきりと反映されている点も、実におもしろいですね!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。