ホーム > アルバム > 8.120786 レッサー:「野郎どもと女たち」(オリジナル・ブロードウェイ・キャスト)(1950)/チャーリーはどこだ?(抜粋)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120786
CD発売時期
2004年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
ミュージカル
作曲家
フランク・レッサー Frank Loesser
作詞家
フランク・レッサー Frank Loesser
編曲者
フランク・レッサー Frank Loesser
アーティスト
アーヴィング・アクトマン Irving Actman , アル・グッドマン管弦楽団 Al Goodman Orchestra , アンリ・ルネ管弦楽団 Henri René Orchestra , オリジナル・ブロードウェイ・キャスト・オーケストラ Original Broadway Cast Orchestra , オリジナル・ブロードウェイ・キャスト・コーラス Original Broadway Cast Chorus , ダイナ・ショア Dinah Shore , スタジオ・オーケストラ Studio orchestra , スタジオ・ピアニスト Studio pianist , イザベル・ビグリー Isabel Bigley , ポール・ウェストン管弦楽団 Paul Weston Orchestra , レイ・ボルガー Ray Bolger , ジョニー・マーサー Johnny Mercer , ゴードン・マクレー Gordon MacRae , パット・ルーニー Pat Rooney , フランク・レッサー Frank Loesser , リン・レッサー Lynn Loesser , Robert Alda , Morey Amsterdam , Vivian Blaine , Douglas Deane , Stubby Kaye , Sam Levene , Allyn Ann McLerie , Norrie Paramor Chorus , Norrie Paramor Orchestra , Tom Pedi , B. S. Pully , Johnny Silver , Jo Stafford , Starlighters, The , Sy Oliver Chorus , Sy Oliver Orchestra , Norman Wisdom

レッサー:「野郎どもと女たち」(オリジナル・ブロードウェイ・キャスト)(1950)/チャーリーはどこだ?(抜粋)

LOESSER: Guys and Dolls (Original Broadway Cast) (1950) / Where's Charley? (Excerpts)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120786

全トラック選択/解除

フランク・レッサー - Frank Loesser (1910-1969)

**:**
ガイズ&ドールズ(野郎どもと女たち)

Guys and Dolls

録音: 3 December 1950, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73669
**:**
»  Runyonland Music; Fugue for Tinhorns (Nicely, Benny and Rusty Charlie)
1.

-

**:**
»  Follow the Fold (Sister Sarah and the Mission Group)
2.

-

**:**
»  The Oldest Established (Nathan, Nicely, Benny and Chorus)
3.

-

**:**
»  I'll Know (Sky and Sister Sarah)
4.

-

**:**
»  A Bushel and a Peck (Adelaide and the Hot Box Girls)
5.

-

**:**
»  Adelaide's Lament (Adelaide)
6.

-

**:**
»  Guys and Dolls (Nicely and Benny)
7.

-

**:**
»  If I Were a Bell (Sister Sarah)
8.

-

**:**
»  My Time of Day (Sky)
9.

-

**:**
»  I've Never Been in Love Before (Sky and Sister Sarah)
10.

-

**:**
»  Take Back Your Mink (Adelaide and the Hot Box Girls)
11.

-

**:**
»  More I Cannot Wish You (Arvide)
12.

-

**:**
»  Luck Be a Lady (Sky and The Guys)
13.

-

**:**
»  Sue Me (Adelaide and Nathan)
14.

-

**:**
»  Sit Down, You're Rocking the Boat (Nicely and Chorus)
15.

-

**:**
»  Marry the Man Today (Adelaide and Sister Sarah)
16.

-

**:**
»  Guys and Dolls: Reprise (Guys and Dolls Chorus)
17.

-

 
**:**
ガイズ&ドールズ(野郎どもと女たち) - The Three-Cornered Tune

Guys and Dolls: The Three-Cornered Tune (alternative version; arr. from "Fugue for Tinhorns")

録音: 8 March 1951, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73674
**:**
»  Guys and Dolls: The Three-Cornered Tune (alternative version; arr. from 'Fugue for Tinhorns')
18.

-

 
**:**
ガイズ&ドールズ(野郎どもと女たち) - Sue Me
19.

Guys and Dolls: Sue Me (alternative version)

録音: Late 1950, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73678
 
**:**
Where's Charley?: Once in Love with Amy
20.
録音: 15 February 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73698
 
**:**
Where's Charley?: Make a Miracle
21.
録音: 15 February 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73699
 
**:**
Where's Charley?: The New Ashmolean (Marching Society and Students Conservatory Band)
22.
録音: April 1949, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73700
 
**:**
Where's Charley?: My Darling, My Darling
23.
録音: 23 September 1948, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73704
 
**:**
Where's Charley?: Once in Love with Amy
24.
録音: June 1952, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73707
 
**:**
Where's Charley?: Make a Miracle
25.
録音: April 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73710
 
**:**
Neptune's Daughter: Baby It's Cold Outside
26.
録音: April 1949
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/73714
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
1955年にマーロン・ブランドとフランク・シナトラのコンビで映画化された『野郎どもと女たち』の原作となった舞台ミュージカル。それが《ガイズ&ドールズ》です。凄腕のギャンブラーが、身持ちの堅い救世軍の娘サラをデートに誘えるかという賭を行うミュージカル・コメディを作詞・作曲したのは、才人のフランク・レッサー!彼の都会的なセンスが全編にわたって光り輝いていることを実感できることでしょう。オリジナル・ブロードウェイ・キャスト(1950年)による録音は、生彩に富んだ音楽を活き活きと歌い上げることに成功。なかでも、映画版でもナイトクラブの歌手アデレイド役を演じたヴィヴィアン・ブレインの表現力あふれる歌いっぷりが印象的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。