ホーム > アルバム > 8.120800 アーサ・キット: 「セ・シ・ボン」オリジナル・レコーディングス1952-1954

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120800
CD発売時期
2005年7月
資料
ジャンル
ノスタルジア
カテゴリ
ノスタルジア
作曲家
ウィリアム・グリーヴズ William Greaves , ジェイムズ・シェルトン James Shelton , ジョアン・ジャビッツ Joan Javits , レオ・シュケン Leo Shuken , ヴァンサン・スコット Vincent Scotto , レイモンド・スコット Raymond Scott , ハロルド・スピーナ Harold Spina , トニー・スプリンガー Tony Springer , フィル・スプリンガー Phil Springer , レイ・タイラー Ray Tyler , ジョニー・バーク Johnny Burke , バーニー・ハニゲン Bernie Hanighen , ボブ・ヒリアード Bob Hilliard , アンリ・ベッティ Henri Betti , コール・ポーター Cole Porter , ジョー・ヤング Joe Young , ステッラ・リー Stella Lee , フランシス・ルマルク Francis Lemarque , Andres Eloy Blanco , June Carroll , Sid Cotner , Paul Ferrao , Andre Hornez , Lester Judson , Manuel Alvarez Maciste , Dave Mann , Jerry Seelen , Arthur Siegel
作詞家
ノエル・カワード Noël Coward , ウィリアム・グリーヴズ William Greaves , ジェイムズ・シェルトン James Shelton , ジョアン・ジャビッツ Joan Javits , トニー・スプリンガー Tony Springer , フィル・スプリンガー Phil Springer , 伝承 Traditional , フランシス・ルマルク Francis Lemarque , Andres Eloy Blanco , Jacques Larue , Manuel Alvarez Maciste , Jean Rodor
アーティスト
アンリ・ルネ管弦楽団 Henri René Orchestra , アーサー・キット Eartha Kitt , ユーゴー・ウィンターハルター管弦楽団 Hugo Winterhalter Orchestra , Abba Bogin Orchestra , Anton Coppola Orchestra , Robert Clary , Henri Rene Chorus , Male quartet , Studio vocal group

アーサ・キット: 「セ・シ・ボン」オリジナル・レコーディングス1952-1954

KITT, Eartha: C'est Si Bon (1952-1954)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120800

全トラック選択/解除

Jerry Seelen / アンリ・ベッティ - Henri Betti (1917-2005) / Andre Hornez (1905-1989)

**:**
C'est Si Bon
1.
録音: 13 March 1953
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91721

ステッラ・リー - Stella Lee

**:**
Uska Dara - A Turkish Tale
2.
録音: 13 March 1953
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91722

フランシス・ルマルク - Francis Lemarque (1917-2002)

**:**
Bal Petit Bal
3.
録音: c. May 1952
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91723

Arthur Siegel (1923-1994) / June Carroll (1912-2004)

**:**
Monotonous
4.
録音: c. May 1952
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91727
**:**
I Want To Be Evil
5.
録音: 12 March 1953
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91729

Manuel Alvarez Maciste (1892-1960) / Andres Eloy Blanco (1897-1955)

**:**
Angelitos Negros
6.
録音: 1952
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91730
**:**
Avril au Portugal (The Whisp'ring Serenade)
7.
録音: 1952
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91731
**:**
Lilac Wine
8.
録音: 1952
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91733

ウィリアム・グリーヴズ - William Greaves (1926-)

**:**
African Lullaby
9.
録音: 1952
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91734

レイモンド・スコット - Raymond Scott (1908-1994) / バーニー・ハニゲン - Bernie Hanighen (1908-1976)

**:**
Mountain High, Valley Low
10.
録音: 1952
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91735

ジョニー・バーク - Johnny Burke (1908-1964) / ハロルド・スピーナ - Harold Spina (1906-1997) / ジョー・ヤング - Joe Young (1889-1939)

**:**
Annie Doesn't Live Here Anymore
11.
録音: 13 January 1953
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91736
**:**
サンタ・ベイビー
12.

Santa Baby

録音: 5 October 1953
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91737

コール・ポーター - Cole Porter (1891-1964)

**:**
My Heart Belongs To Daddy
13.
録音: 1953
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91738
 
**:**
Let's Do It
14.
録音: 5 October 1953
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91739

Dave Mann / ボブ・ヒリアード - Bob Hilliard (1918-1971)

**:**
Somebody Bad Stole De Wedding Bell
15.
録音: 29 December 1953
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91743

レオ・シュケン - Leo Shuken (1906-1976) / Sid Cotner

**:**
Mink Schmink
16.
録音: 27 April 1954
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91745
**:**
Mrs. Patterson: Tea In Chicago / My Daddy Is A Dandy

録音: 12 September 1954
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91746
**:**
»  Tea In Chicago
17.

-

**:**
»  My Daddy Is A Dandy
18.

-

**:**
イヤーズ・サンタ・ベイビー
19.

This Year's Santa Baby

録音: c. October 1954
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91749

ヴァンサン・スコット - Vincent Scotto (1876-1952)

**:**
Under The Bridges Of Paris
20.
録音: 5 October 1953
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/91750
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
日本では、《ショージョージ》のカヴァーで有名なアーサ・キットが、デビュー期にRCAに録音した名唱集。スワヒリ語を交えた《アフリカン・ララバイ》やフランス語の《セ・シ・ボン》、そしてトルコ語の《ウシュカ・ダラ》(日本では、江利チエミが《ウスクダラ》のタイトルでカヴァー)など、多国語を流暢に操る彼女は、エキゾティックなシンガーとして、欧米で人気を集めました。甘みを含んだプリティ・ヴォイスによる《小さな舞踏会》や小粋でノリのよい《マイ・ダディ・イズ・ア・ダンディ》をはじめ、のびやかな歌声が満喫できる《モナトナス》など、その幅の広い表現力は、まさにお見事の一語!ユニークな存在感に満ちたアーサ・キットの名唱をご堪能あれ!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。