ホーム > アルバム > 8.120809 デューク・エリントン:ブラック、ブラウン、アンド・ベイジー (1943-1945)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120809
CD発売時期
2006年1月
資料
ジャンル
ジャズ・レジェンド
カテゴリ
ジャズ・レジェンド
作曲家
ハリー・ウィリアムズ Harry Williams , デューク・エリントン Duke Ellington , レックス・スチュワート Rex Stewart , フアン・ティゾール Juan Tizol , アーヴィング・バーリン Irving Berlin , バーニー・ビガード Barney Bigard , アート・ヒックマン Art Hickman , アーヴィング・ミルズ Irving Mills
作詞家
デューク・エリントン Duke Ellington , ボブ・ラッセル Bob Russell
編曲者
メアリー・ロウ・ウィリアムズ Mary Lou Williams
アーティスト
デューク・エリントン Duke Ellington , レックス・スチュワート Rex Stewart , デューク・エリントン・オーケストラ Duke Ellington Orchestra , レイ・ナンス Ray Nance , アル・ヒブラー Al Hibbler , Taft Jordan , Joya Sherrill

デューク・エリントン:ブラック、ブラウン、アンド・ベイジー (1943-1945)

ELLINGTON, Duke: Black, Brown and Beige (1943-1945) (Duke Ellington, Vol. 9)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120809

全トラック選択/解除

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974)

**:**
Rockin’ In Rhythm
1.
録音: 8 November 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106674

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974) / レックス・スチュワート - Rex Stewart (1907-1967)

**:**
Boy Meets Horn
2.
録音: 8 November 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106675

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974)

**:**
Hop, Skip And Jump
3.
録音: 8 November 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106666
 
**:**
Do Nothing Till You Hear From Me
4.
録音: 8 November 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106676

アーヴィング・バーリン - Irving Berlin (1888-1989)

**:**
Blue Skies (arr. M. L. Williams)
5.
録音: 8 November 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106678

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974) / バーニー・ビガード - Barney Bigard (1906-1980) / アーヴィング・ミルズ - Irving Mills (1894-1985)

**:**
ムード・インディゴ
6.

Mood Indigo

録音: 8 November 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106672

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974)

**:**
Three Cent Stomp
7.
録音: 9 November 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106667

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974) / フアン・ティゾール - Juan Tizol (1900-1984)

**:**
キャラバン
8.

Caravan

録音: 9 November 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106673

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974)

**:**
It Don’t Mean A Thing (If It Ain’t Got That Swing)
9.
録音: 1 December 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106670

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974) / アーヴィング・ミルズ - Irving Mills (1894-1985)

**:**
クレオール・ラヴ・コール
10.

Creole Love Call

録音: 1 December 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106671

アート・ヒックマン - Art Hickman / ハリー・ウィリアムズ - Harry Williams (1879-1922)

**:**
Rose Room
11.
録音: 1 December 1943
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106677

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974)

**:**
Black, Brown And Beige (highlights)

録音: 11 - 12 December 1944
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106668
**:**
»  Work Song
12.

-

**:**
»  Come Sunday
13.

-

**:**
»  The Blues
14.

-

**:**
»  West Indian Dance
15.

-

**:**
»  Emancipation Celebration
16.

-

**:**
»  Sugar Hill Penthouse (Beige!)
17.

-

 
**:**
Carnegie Blues
18.
録音: 4 January 1945
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/106669
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
エリントンは狂っている。この音盤は狂ったエリントンの一つの頂点だ。ロッキン・イン・リズムのビッグバンド・アレンジ。これが狂って無くて何だと言うのだ。こんな音を作り出した人間はそれまでに居なかった。楽器からどういう音が出るかを完全に判っている。楽器吹いてる本人より判っている。ムード・インディゴの3管ハーモニーは、ハンコックの Speak Like a Child の先駆とも言える。一体何なんだ、これは。そして、大作「ブラック・ブラウン・アンド・ベージュ」の抜粋。ダンスバンドからここまで誇大妄想を繰り広げてきたこの男は何者なのだ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。