ホーム > アルバム > 8.120811 デューク・エリントン:タイム・イズ・ア・ウェイスティング (1945-1946)

デューク・エリントン:タイム・イズ・ア・ウェイスティング (1945-1946)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.120811
CD発売時期
2006年7月
資料
ジャンル
ジャズ・レジェンド
カテゴリ
ジャズ・レジェンド
作曲家
キャット・アンダーソン Cat Anderson , クラレンス・ウィリアムズ Clarence Williams , スペンサー・ウィリアムズ Spencer Williams , デューク・エリントン Duke Ellington , マーサー・エリントン Mercer Ellington , リー・ゲインズ Lee Gaines , ビリー・ストレイホーン Billy Strayhorn , ウィリアム・クリストファー・ハンディ William Christopher Handy , デイヴィッド・マック Mack David , Joseph Meyer , Hal Mooney
作詞家
デューク・エリントン Duke Ellington , ウィリアム・クリストファー・ハンディ William Christopher Handy
アーティスト
デューク・エリントン Duke Ellington , マリアン・コックス Marian Cox , ビリー・ストレイホーン Billy Strayhorn , ケイ・デイヴィス Kay Davis , デューク・エリントン・フェイマス・オーケストラ Duke Ellington Famous Orchestra , レイ・ナンス Ray Nance , アル・ヒブラー Al Hibbler

デューク・エリントン:タイム・イズ・ア・ウェイスティング (1945-1946)

ELLINGTON, Duke: Time's A-Wastin' (1945-1946) (Duke Ellington, Vol. 11)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.120811

全トラック選択/解除

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974) / マーサー・エリントン - Mercer Ellington (1919-1996)

**:**
Time's A-Wastin' (Things Ain't What They Used To Be)
1.
録音: 30 July 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116903

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974) / デイヴィッド・マック - Mack David (1912-1993)

**:**
I’m Just A Lucky So And So
2.
録音: 26 November 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116904

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974) / ビリー・ストレイホーン - Billy Strayhorn (1915-1967)

**:**
The Perfume Suite

録音: 24 and 30 July 1945, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116905
**:**
»  I. Balcony Serenade
3.

-

**:**
»  II. Strange Feeling
4.

-

**:**
»  III. Dancers In Love
5.

-

**:**
»  IV. Coloratura
6.

-

 
**:**
Tonk
7.
録音: 10 January 1946, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116906

ビリー・ストレイホーン - Billy Strayhorn (1915-1967)

**:**
Drawing Room Blues
8.
録音: 10 January 1946, New York
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116907

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974)

**:**
Rockabye River
9.
録音: 9 July 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116908
 
**:**
Suddenly It Jumped
10.
録音: 9 July 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116909
 
**:**
Transblucency (A Blue Fog That You Can Almost See Through)
11.
録音: 9 July 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116910

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974) / リー・ゲインズ - Lee Gaines (1914-1987)

**:**
スクイーズ・ミー
12.

Just Squeeze Me (But Please Don't Tease Me)

録音: 9 July 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116911

キャット・アンダーソン - Cat Anderson (1916-1981) / デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974)

**:**
ア・ギャザリング・イン・ア・クリアリング
13.

A Gathering In A Clearing

録音: 10 July 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116912

デューク・エリントン - Duke Ellington (1899-1974)

**:**
Pretty Woman
14.
録音: 10 July 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116913

ウィリアム・クリストファー・ハンディ - William Christopher Handy (1873-1958)

**:**
Memphis Blues
15.
録音: 3 September 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116914
 
**:**
セント・ルイス・ブルース
16.

St. Louis Blues

録音: 3 September 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116915
 
**:**
ビール・ストリート・ブルース
17.

Beale Street Blues

録音: 9 August 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116916

クラレンス・ウィリアムズ - Clarence Williams (1898-1965) / スペンサー・ウィリアムズ - Spencer Williams (1889-1965)

**:**
ロイヤル・ガーデン・ブルース
18.

Royal Garden Blues

録音: 3 September 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116917

Joseph Meyer (1894-1987)

**:**
My Honey’s Lovin’ Arms
19.
録音: 3 September 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116918

Hal Mooney (1911-1995)

**:**
Swamp Fire
20.
録音: 3 September 1946, Hollywood
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/116919
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
エリントンはハーモニー感覚が特殊な人だ。19世紀末のロシアの作曲家スクリャービンは音を聴くと色が見えたらしいが、エリントンは色に加えて匂いも感じ取っていたのではないか。ここでも、トグロを巻いたエリントン・サウンドがマックロい情感とすこしばかりクセのある体臭を振りまいている。でも、よくこれだけ次から次に曲が書けますねえ。かなりの曲は「どこかで聴いたあのエリントン・サウンド」のバリエーションだが、これだけの引き出しの多さは驚嘆に値する。絶倫スケベの面目躍如ですなあ。ここでも俺が好きなのは“トンク”や“トランスブルースエンシー”と言った微妙なヘンさをたたえた曲ですなあ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。