ホーム > アルバム > 8.224044-45 クーラウ:ピアノ四重奏曲全集(クリスティアンセン/ギウスコウ/グルンズ/ウェステンホルツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.224044-45
CD発売時期
1997年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
フリードリヒ・クーラウ Friedrich Kuhlau
アーティスト
エリザベト・ウェステンホルツ Elisabeth Westenholz , トゥッター・ギウスコウ Tutter Givskov , トッター・ギスコウ Tutter Giskov , アスガー・ルンド・クリスティアンセン Asger Lund Christiansen , ラーシュ・グルンズ Lars Grunth

クーラウ:ピアノ四重奏曲全集(クリスティアンセン/ギウスコウ/グルンズ/ウェステンホルツ)

KUHLAU: Piano Quartets (Complete)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.224044-45

全トラック選択/解除

Disc 1

フリードリヒ・クーラウ - Friedrich Kuhlau (1786-1832)

**:**
ピアノ四重奏曲第1番 ハ短調 Op. 32

Piano Quartet in C Minor, Op. 32

録音: 10-12 February, 12 May, 16 July 1996, Focus Recording, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7697
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro
3.

-

 
**:**
ピアノ四重奏曲第2番 イ長調 Op. 50

Piano Quartet in A Major, Op. 50

録音: 10-12 February, 12 May, 16 July 1996, Focus Recording, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7698
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Adagio Ma Non Troppo
5.

-

**:**
»  III. Scherzo: Presto
6.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro Di Molto
7.

-

Disc 2

フリードリヒ・クーラウ - Friedrich Kuhlau (1786-1832)

**:**
ピアノ四重奏曲 ト短調 Op. 108

Piano Quartet in G Minor, Op. 108

録音: 10-12 February, 12 May, 16 July 1996, Focus Recording, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7699
**:**
»  I. Allegro Con Molto Fuoco
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro Assai
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro Poco Agitato
4.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ ヘ短調 Op. 33

Violin Sonata in F Minor, Op. 33

録音: 10-12 February, 12 May, 16 July 1996, Focus Recording, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7700
**:**
»  I. Allegro Con Spirito
5.

-

**:**
»  II. Larghetto
6.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2009/09/28
室内楽の醍醐味を改めて教えてくれる好アルバムです。ドイツ生まれのクーラウは徴兵制をのがれてデンマークに帰化、46年の生涯の殆どをコペンハーゲンで過し、交響曲を除き200曲以上を作曲しました。同時代のベートーヴェンを意識した跡も散見されますが、格調の高い端正な作風は、自信と威厳に充ちており、ともにクーラウの代表作とも言い得る秀作2篇です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。