ホーム > アルバム > 8.226034 ルーザス:コンチェルト・イン・ピーシズ「パーセル変奏曲」/ヴァイオリン協奏曲第1番/モノドラマ(ヘイド/ルーメルト/オーフス響/セナゴー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226034
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ポウル・ルーザス Poul Ruders
アーティスト
オーフス交響楽団 Aarhus Symphony Orchestra , トマス・セナゴー Thomas Søndergård , エーリク・ヘイド Erik Heide , マティアス・ロイメルト Mathias Reumert

ルーザス:コンチェルト・イン・ピーシズ「パーセル変奏曲」/ヴァイオリン協奏曲第1番/モノドラマ(ヘイド/ルーメルト/オーフス響/セナゴー)

RUDERS, P.: Concerto in Pieces / Violin Concerto No. 1 / Monodrama (Heide, Reumert, Aarhus Symphony, Sondergard)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226034

全トラック選択/解除

ポウル・ルーザス - Poul Ruders (1949-)

**:**
コンチェルト・イン・ピーシズ 「パーセル変奏曲」

Concerto in Pieces (Purcell Variations)

録音: 23-25 June 2008, Aarhus Concert Hall, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/325224
**:**
»  Theme and Variation I: Vivace maestoso
1.

-

**:**
»  Variation II: Vivace scherzando
2.

-

**:**
»  Variation III: Parlando alla breve
3.

-

**:**
»  Variation IV: Largo recitativo
4.

-

**:**
»  Variation V: Allegretto capriccioso
5.

-

**:**
»  Variation VI: Martellato feroce
6.

-

**:**
»  Variation VII: Andante lamentoso
7.

-

**:**
»  Variation VIII: Adagio lontanto
8.

-

**:**
»  Variation IX: Intermezzo
9.

-

**:**
»  Variation X: Finale fugato vivace
10.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番

Violin Concerto No. 1

録音: 7-10 October 2008, Aarhus Concert Hall, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/325225
**:**
»  I. Echi d'una Primavera
11.

-

**:**
»  II. Ninna-nanna
12.

-

**:**
»  III. Ciaccona d'Inverno
13.

-

 
**:**
モノドラマ 「劇的三部作 II」
14.

Monodrama, "Drama Trilogy II"

録音: 7-10 October 2008, Aarhus Concert Hall, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/325226
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
ルーザスは現代のスカンジナビア音楽界において、最も注目される作曲家の一人です。確かに彼の管弦楽作品は世界中の聴衆に大きな衝撃を与えるほどのパワーを持っています。さて、まずCDをかけてみましょう。すぐさまお部屋一杯に広がる鮮やかな音の世界に驚いてしまうことでしょう。1995年のプロムス・ラスト・ナイトで初演された「パーセル変奏曲」は、ブリテンの「青少年のための音楽入門」に似た形式を持った作品で、各々の楽器が縦横無尽に活躍するという面白く派手な音に満ちていて、初めてオーケストラに接する人が感動してしまうこと間違いありません。「ヴァイオリン協奏曲」はヴィヴァルディを思わせますし、「モノドラマ」はシューベルトの作品から想を得たもので、どれもが力に満ちた一聴に値する作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。