ホーム > アルバム > 8.226037 ノアゴー/ヒント:ピアノ作品集(ヒント/ホッジス/アルバーマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226037
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ペア・ノアゴー Per Nørgård , ロルフ・ハインド Rolf Hind
編曲者
ハインリヒ・ホーライン Heinrich Horlein
アーティスト
デヴィッド・アルバーマン David Alberman , ロルフ・ハインド Rolf Hind , ハインリヒ・ホーライン Heinrich Horlein , ニコラス・ホッジズ Nicolas Hodges

ノアゴー/ヒント:ピアノ作品集(ヒント/ホッジス/アルバーマン)

NORGARD / HIND: Works for Piano

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226037

全トラック選択/解除

ペア・ノアゴー - Per Nørgård (1932-)

**:**
無限拝受
1.

Unendlicher Empfang

録音: 20-21 November 2006, Potton Hall, Suffolk, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185454
 
**:**
思いだすこと
2.

Remembering

録音: 20-21 November 2006, Potton Hall, Suffolk, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185455
 
**:**
スタディエール

Stadier

録音: 20-21 November 2006, Potton Hall, Suffolk, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185456
**:**
»  I. Tempo giusto e fluente
3.

-

**:**
»  II. Compassione e molto rubato
4.

-

**:**
»  III. Espressivo, andantino
5.

-

 
**:**
アキレスとカメ
6.

Achilles and the Tortoise

録音: 20-21 November 2006, Potton Hall, Suffolk, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185457

ロルフ・ハインド - Rolf Hind (1964-)

**:**
明らかにされることのないもの

Das Unenthullte

録音: 20-21 November 2006, Potton Hall, Suffolk, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185458
**:**
»  I. Duo Sunt
7.

-

**:**
»  II. The Flicker
8.

-

**:**
»  III. Sub Sub
9.

-

ペア・ノアゴー - Per Nørgård (1932-)

**:**
無伴奏ヴィオラ・ソナタ 「秘められた旋律」(ヴァイオリン編)

Viola Sonata, "The Secret Melody" (arr. for violin)

録音: 20-21 November 2006, Potton Hall, Suffolk, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185459
**:**
»  I. Prologue
10.

-

**:**
»  II. Roaming
11.

-

**:**
»  III. Singing
12.

-

**:**
»  IV. Playing
13.

-

**:**
»  V. Epilogue
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「彼の音楽には未来が感じられる・・・」とGramophone誌でも絶賛されたデンマークの作曲家、ノアゴーの室内楽作品集です。抽象的でミステリアスなタイトルそのままのピアノ作品はどれも洗練された美しさが魅力です。とりわけ、極めて技巧的でピアニストに過酷な試練を要求する「アキレスとカメ」は、聞き手の耳には心地良い刺激をもたらしてくれるでしょう。ノアゴーの要求するものは難解ではあるものの、深い感情移入と微妙なバランスが透けてみえ、それを追求するのはまことに興味深い作業です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。