ホーム > アルバム > 8.226044 ラスムッセン:弦楽四重奏曲第1番、第2番/ヴァイオリン協奏曲第1番/エコーズ・オブ・ザ・パスト/墓所(シェラン弦楽四重奏団)

ラスムッセン:弦楽四重奏曲第1番、第2番/ヴァイオリン協奏曲第1番/エコーズ・オブ・ザ・パスト/墓所(シェラン弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226044
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽, 協奏曲
作曲家
スンレイフ・ラスムッセン Sunleif Rasmussen
アーティスト
オストロボスニア室内管弦楽団 Ostrobothnian Chamber Orchestra , ユハ・カンガス Juha Kangas , シェラン弦楽四重奏団 Sjaelland String Quartet , ヨーン・ストルゴーズ John Storgårds , Nora-Kaisa Salo-Peltokorpi

ラスムッセン:弦楽四重奏曲第1番、第2番/ヴァイオリン協奏曲第1番/エコーズ・オブ・ザ・パスト/墓所(シェラン弦楽四重奏団)

RASMUSSEN, S.: String Quartets Nos. 1-2 / Violin Concerto No. 1 / Echoes of the Past / Grave

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226044

全トラック選択/解除

スンレイフ・ラスムッセン - Sunleif Rasmussen (1961-)

**:**
弦楽四重奏曲第1番
1.

String Quartet No. 1

録音: 2-4 May 2006, 21-22 February 2007, Snellmanssalen, Kokkola, Finland/ Bronshoj Church, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185443
 
**:**
弦楽四重奏曲第2番 「陽光と影」

String Quartet No. 2, "Sunshine and Shadows"

録音: 2-4 May 2006, 21-22 February 2007, Snellmanssalen, Kokkola, Finland/ Bronshoj Church, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185444
**:**
»  I. Con fuoco
2.

-

**:**
»  II. Cantabile e dolce
3.

-

 
**:**
グラーヴェ 「カーステン・ホイダルを偲んで」
4.

Grave - In Memoriam Karsten Hoydal

録音: 2-4 May 2006, 21-22 February 2007, Snellmanssalen, Kokkola, Finland/ Bronshoj Church, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185445
 
**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番 「季節の歌」

Violin Concerto No. 1, "Songs of Seasons"

録音: 2-4 May 2006, 21-22 February 2007, Snellmanssalen, Kokkola, Finland/ Bronshoj Church, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185446
**:**
»  I. Maestoso
5.

-

**:**
»  II. Con brio
6.

-

**:**
»  III. Dolce
7.

-

**:**
»  IV. Cantabile
8.

-

 
**:**
過去への反響
9.

Echoes of the Past

録音: 2-4 May 2006, 21-22 February 2007, Snellmanssalen, Kokkola, Finland/ Bronshoj Church, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/185447
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
彼によると、「私の音楽の根源はすべてファロエズの民謡によるものだ」ということですが、実際にそのようなメロディを聴きとるのは至難の業です。なぜならば、その歌はばらばらにされて現代的に組み替えられているから。断片すら私たちの耳には届くこともないでしょう。しかしながら、ラスムセンの音楽を聴くと様々なイメージが目の前に浮かびます。偏在する大西洋、砂丘、島を渡る厳しい風、それは彼が幼いころに過ごしたファロエズの光景と重なるものです。このアルバムは弦楽のための作品集。世界初演録音を含みます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。