ホーム > アルバム > 8.226052 コッペル:ヴァイオリン、ヴィオラ、クラリネットとファゴットのための協奏交響曲/フルートとハープのための協奏曲/チューバ協奏曲(エッシュバッハー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226052
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
アナス・コッペル Anders Koppel
アーティスト
マティアス・エッシュバッハー Matthias Aeschbacher , オルボア交響楽団 Aalborg Symphony Orchestra , メッテ・ニールセン Mette Nielsen , マティアス・ヨハンソン Mattias Johansson , Anna Maria D. Dahl , Yana Deshkova , Claus Ettrup Larsen , Randi Ostergaard , Sheila Popkin

コッペル:ヴァイオリン、ヴィオラ、クラリネットとファゴットのための協奏交響曲/フルートとハープのための協奏曲/チューバ協奏曲(エッシュバッハー)

KOPPEL, A.: Sinfonia concertante for Violin, Viola, Clarinet and Bassoon / Concerto for Flute and Harp / Tuba Concerto (Aeschbacher)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226052

全トラック選択/解除

アナス・コッペル - Anders Koppel (1947-)

**:**
ヴァイオリン、ヴィオラ、クラリネットとファゴットのための協奏交響曲

Sinfonia concertante for Violin, Viola, Clarinet and Bassoon

録音: 22-26 June 2009, 22-24 June 2010, Symfonien, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1065657
**:**
»  I. Andante grazioso
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Allegro appassionato
3.

-

 
**:**
フルートとハープのための協奏曲(復元版)

Concerto for Flute and Harp (revised version)

録音: 22-26 June 2009, 22-24 June 2010, Symfonien, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1074477
**:**
»  I. Intrada: Larghetto
4.

-

**:**
»  II. Pastorale: Allegro ma non troppo
5.

-

**:**
»  III. Intermezzo: Allegro
6.

-

**:**
»  IV. Elegia: Largo
7.

-

**:**
»  V. Finale: Con moto
8.

-

 
**:**
チューバ協奏曲

Tuba Concerto

録音: 22-26 June 2009, 22-24 June 2010, Symfonien, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1074478
**:**
»  I. Moderato
9.

-

**:**
»  II. Andante misterioso
10.

-

**:**
»  III. Lento - Allegro assai
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/06/01
こちらは、1947年生まれのアナス・コッペル(1947-)の作品集です。彼はロック、ジャズ、ワールドミュージック、そしてクラシック。あらゆるジャンルを飛び越えて斬新な音楽を作り出す作曲家です。最初の曲は驚くほど軽快なワルツで始まります。第2楽章は怠惰なブルースであり、第3楽章は官能的なタンゴです。2曲目はフルートとハープが神秘的な楽想を奏でます。第3曲目のテューバの活躍も目を見張るばかり。このアルバムは現代音楽の括りには入れずに、エンタテイメントの括りがふさわしそうです。録音 2009年6月22-26日&2010年6月22-24日
レビュアー: tanukawa 投稿日:2011/07/15
最初に成功したチューバ協奏曲を書いたヴォーン・ウィリアムズのせいかどうか、世の中のチューバ協奏曲はどうしてもハードな曲調の曲が多いです。デンマーク人作曲家のコッペルはクロス・ジャンルの人らしく、そんなチューバ協奏曲の中ではとても楽しく楽しめる一曲です。勿論簡単な曲では決してありませんが。チューバのヨハンソンはとてもはっきりと演奏して曲の輪郭が明確になっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。