ホーム > アルバム > 8.226079 ニールセン:カンタータ集(オーフス大聖堂合唱団/オーフス響/ホルテン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226079
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 声楽曲
作曲家
カール・ニールセン Carl Nielsen
作詞家
L.C・ニールセン Laurits Christian Nielsen , ニールス・メラー Niels Moller , ヘルゲ・ローデ Helge Rode , Hans Hartvig Seedorff
アーティスト
ディッテ・アンデルセン Ditte Hojgaard Andersen , ヴォックス・アロス Vox Aros , オーフス交響楽団 Aarhus Symphony Orchestra , オーフス大聖堂合唱団 Aarhus Cathedral Choir , パレ・クヌーセン Palle Knudsen , デンマーク国立歌劇場合唱団 Danish National Opera Choir , マティアス・ヘーゼゴー Mathias Hedegaard , ボー・ホルテン Bo Holten , Jens Albinus

ニールセン:カンタータ集(オーフス大聖堂合唱団/オーフス響/ホルテン)

NIELSEN, C.: Cantatas (Holten)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226079

全トラック選択/解除

カール・ニールセン - Carl Nielsen (1865-1931)

**:**
オーフス市地方博覧会のためのカンタータ FS 54

Kantate ved Landsudstillingen i Arhus (Cantata for the National Exhibition in Arhus), FS 54

録音: 15-20 June 2009, Aarhus Concert Hall, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/376185
**:**
»  Part I: Vaartid, Vaeksttid, Loftelses Tid! (Chorus, Soprano, Reciter)
1.

-

**:**
»  Part I: Alt, hvormed Tidens (Chorus, Soprano)
2.

-

**:**
»  Part II: Kun en er Danmarks Hovedby (Chorus)
3.

-

**:**
»  Part II: Hvidt som et Tempel i Fortids Athen (Reciter, Chorus, Soprano, Bass, Citizens of Aarhus)
4.

-

**:**
»  Part II: Spejdende mod Solen, der stiger af sit Bad (Chorus)
5.

-

**:**
»  Part II: Danmark, di komblonde Datter (Chorus)
6.

-

**:**
»  Part III: Hil! Hil! Hil! Haev dig, vor jublende Sang (Chorus)
7.

-

 
**:**
Hyldest til Holberg (Homage to Holberg), FS 102

録音: 15-20 June 2009, Aarhus Concert Hall, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/376186
**:**
»  Hvem har kaldt os hid i Dag? (First Muse, Second Muse, Third Muse, Fourth Muse)
8.

-

**:**
»  Det er Spillet som begynder! (Chorus, Baritone)
9.

-

**:**
»  Nun lofter Holbergs Trae sit tunge Lov (Chorus)
10.

-

 
**:**
アリエルの歌 FS 80
11.

Prologen ved Mindefesten for Shakespeare (Prologue to the Shakespeare Memorial Celebrations), FS 80: Selv naar Skyerne tynger, "Ariels Song"

録音: 15-20 June 2009, Aarhus Concert Hall, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/376187
 
**:**
Kantate ved Universitetets Aarsfest (Cantata for the Anniversary of Copenhagen University), Op. 24, FS 47

録音: 15-20 June 2009, Aarhus Concert Hall, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/376188
**:**
»  Part I: Myldrende Vrimmel og Fodders Tramp (Chorus, Tenor, Soprano)
12.

-

**:**
»  Part I: O Videns Lys, o hoje Sol … (Bass, Chorus)
13.

-

**:**
»  Part II: Trio: Tit ad Veje trange (Soprano, Tenor, Bass, Chorus)
14.

-

**:**
»  Part III: Final Song: Som Lov paa Linde (Chorus)
15.

-

 
**:**
オーフス市地方博覧会のためのカンタータ FS 54
16.

Kantate ved Landsudstillingen i Arhus (Cantata for the National Exhibition in Arhus), FS 54: Thi disse o er Kilderne til alt (Reciter)

録音: 15-20 June 2009, Aarhus Concert Hall, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/376189
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ニルセンのカンタータ集です。今回のアルバムには世界初録音が3曲含まれていて、この北欧の作曲家の知られざる面を新たに発掘してくれること間違いありません。これらのカンタータは全て「特別な時」のために書かれたもの。彼の生涯で最も生産性の高かった1908-09年に書かれた「国際博覧会のためのカンタータ」と「大学周年行事のためのカンタータ」はエネルギー溢れる情熱的な音楽です。1923年に書かれた「ホルベアへのオマージュ」は彼の代表作である歌劇「仮面舞踏会」の原作者であるルズヴィ・ホルベアの祝祭のために書かれた作品で、ニルセンの限りない敬意が見て取れるもので、華麗なるファンファーレに導かれ幕を開けます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。