ホーム > アルバム > 8.226082 クーラウ:ヴァイオリン・ソナタ集 1 (デュオ・オストラン=サロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226082
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
フリードリヒ・クーラウ Friedrich Kuhlau
アーティスト
デュオ・オストラン=サロ Duo Åstrand/Salo

クーラウ:ヴァイオリン・ソナタ集 1 (デュオ・オストラン=サロ)

KUHLAU, F.: Violin Sonatas, Vol. 1 (Duo Åstrand-Salo)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226082

全トラック選択/解除

フリードリヒ・クーラウ - Friedrich Kuhlau (1786-1832)

**:**
フルート・ソナタ 変ホ長調 Op. 64 (ヴァイオリンとピアノ版)

Flute Sonata in E-Flat Major, Op. 64 (version for violin and piano)

録音: 24-28 June 2013, Studio 4, DR Koncerthuset, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3675029
**:**
»  I. Allegro con energico
1.

-

**:**
»  II. Theme with Variations
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro vivace
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 Op. 79, No. 1

Violin Sonata in F Major, Op. 79, No. 1

録音: 24-28 June 2013, Studio 4, DR Koncerthuset, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3675030
**:**
»  I. Allegro giusto
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro scherzando
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ イ短調 Op. 79, No. 2

Violin Sonata in A Minor, Op. 79, No. 2

録音: 24-28 June 2013, Studio 4, DR Koncerthuset, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3675031
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Andantino
8.

-

**:**
»  III. Rondo alla pollacca
9.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ ハ長調 Op. 79, No. 3

Violin Sonata in C Major, Op. 79, No. 3

録音: 24-28 June 2013, Studio 4, DR Koncerthuset, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3675032
**:**
»  I. Allegro molto
10.

-

**:**
»  II. Andantino
11.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/05/01
もともとドイツで生まれるも、24歳の時にコペンハーゲンに亡命し、その生涯を閉じるまで22年間この地で創作活動を行ったため、現在ではデンマークでも大切な存在とされている作曲家クーラウ(1786-1832)。彼の生涯はとても波乱に富んだものであり、デンマークの音楽発展にも大きく寄与したのですが、現在ではその作品をほとんど聴くことはできません。例外的に、ピアノを学んでいる人には「ソナチネ」だけは知られているでしょう。ソナタを学ぶ前の段階で取り上げられることが多いものです。そのため、ベートーヴェンの同時代の「ピアノ曲作曲家」として認識されていますが、実は室内楽作品も数多く書いています。この一連のヴァイオリン・ソナタも壮大な楽想を有した感動的なもので、例えばOp.64はもともとフルートのための作品ですが、伸びやかなメロディが特に印象的であり、ヴァイオリンで演奏することでまた違った魅力を放っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。