ホーム > アルバム > 8.226083 クーラウ:ヴァイオリン・ソナタ集 2 (デュオ・オストラン=サロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.226083
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
フリードリヒ・クーラウ Friedrich Kuhlau
アーティスト
デュオ・オストラン=サロ Duo Åstrand/Salo

クーラウ:ヴァイオリン・ソナタ集 2 (デュオ・オストラン=サロ)

KUHLAU, F.: Violin Sonatas, Vol. 2 (Duo Åstrand/Salo)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226083

全トラック選択/解除

フリードリヒ・クーラウ - Friedrich Kuhlau (1786-1832)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 Op. 33

Violin Sonata in F Major, Op. 33

録音: June 2017, Studio 4, DR Koncerthuset, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7107553
**:**
»  I Allegro con spirito
1.

-

**:**
»  II Larghetto
2.

-

**:**
»  III Rondo: Allegro
3.

-

 
**:**
二重奏曲 変ロ長調 Op. 110, No. 1 (ヴァイオリンとピアノ版)

Duo in B-Flat Major, Op. 110, No. 1 (version for violin and piano)

録音: June 2017, Studio 4, DR Koncerthuset, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7115722
**:**
»  I. Allegro non tanto
4.

-

**:**
»  II. Adagio patetico con molta espressione
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro ma non troppo
6.

-

 
**:**
二重奏曲 ホ短調 Op. 110, No. 2 (ヴァイオリンとピアノ版)

Duo in E Minor, Op. 110, No. 2 (version for violin and piano)

録音: June 2017, Studio 4, DR Koncerthuset, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7115723
**:**
»  I. Allegro con affetto ma non troppo presto
7.

-

**:**
»  II. Adagio cantabile
8.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro poco agitato
9.

-

 
**:**
二重奏曲 ニ長調 Op. 110, No. 3 (ヴァイオリンとピアノ版)

Duo in D Major, Op. 110, No. 3 (version for violin and piano)

録音: June 2017, Studio 4, DR Koncerthuset, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7115724
**:**
»  I. Allegro vivace con energia
10.

-

**:**
»  II. Andante con moto
11.

-

**:**
»  III Allegro assai
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/04/01
ドイツで生まれ、コペンハーゲンに移住し活躍したことで、デンマークで大切にされている作曲家フリードリヒ・クーラウ。幼い頃の事故で片目の視力を失うも音楽家として大成。作品の多くはフルートのために書かれていますが、ピアノ初心者のための「ソナチネ」も有名で、現在でも学習用として重用されています。ヴァイオリン・ソナタは自由な楽想の展開と、息の長い旋律が特徴的で、よく比較されるベートーヴェン作品に匹敵する出来栄えを誇ります。「3つの二重奏曲」はウェーバーを思わせる華麗な曲。フルートでも演奏可能ですが、クーラウ自身はヴァイオリンで演奏することを想定した技巧的な作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。