ホーム > アルバム > 8.226097 ホーネマン:弦楽四重奏曲第1番, 第2番/ハーメリク:四重奏曲(アーリル弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226097
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アスガー・ハメリク Asger Hamerik , クリスチャン・フレゼリク・エミール・ホーネマン Christian Frederik Emil Horneman
アーティスト
アーリル弦楽四重奏団 Arild String Quartet

ホーネマン:弦楽四重奏曲第1番, 第2番/ハーメリク:四重奏曲(アーリル弦楽四重奏団)

HORNEMAN, C.F.E.: String Quartets Nos. 1 and 2 / HAMERIK, A.: Quartetto (Arild String Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226097

全トラック選択/解除

クリスチャン・フレゼリク・エミール・ホーネマン - Christian Frederik Emil Horneman (1840-1906)

**:**
弦楽四重奏曲第2番 ニ長調

String Quartet No. 2 in D Major

録音: 6-9 June 2011, Takkelloftet, Operaen, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2805328
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Menuet: Allegro
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
4.

-

アスガー・ハメリク - Asger Hamerik (1843-1923)

**:**
四重奏曲 イ短調
5.

Quartetto in A Minor

録音: 6-9 June 2011, Takkelloftet, Operaen, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2805329

クリスチャン・フレゼリク・エミール・ホーネマン - Christian Frederik Emil Horneman (1840-1906)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 ト短調

String Quartet No. 1 in G Minor

録音: 6-9 June 2011, Takkelloftet, Operaen, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2805330
**:**
»  I. Allegro vivace
6.

-

**:**
»  II. Andante
7.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro molto
8.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro molto
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/02/01
この知られざるデンマークの2人の作曲家は、実はいとこ同士(2人の母親が姉妹)という関係。その上、母親たちは同じく作曲家 J.P.E.ハルトマンの妻エンマともいとこというのですから、この家系はまさに「デンマークを代表する音楽家たち」を生み出すものであったことは間違いありません。そんな彼らは幼い頃からごく自然に音楽に親しみ、ホーネマン(1840-1906)が12歳頃に書いた最初のオペラ「鉄のカギ」は、なんと4歳年下のハメリクの台本によるものだったというから驚きです。そんな彼らですが、大人になってからの作風は違っていて、ホーネマンの作品はグリーグ的な響き、ハメリク(1843-1923)の作品はドイツ的な響きを持っているところが興味深いものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。