ホーム > アルバム > 8.226119 ゲーゼ/ランゲ=ミュラー/ランゴー:デンマークのロマンティック・ピアノ三重奏曲集(デンマーク・ピアノ三重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226119
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ニルス・ウィルヘルム・ゲーゼ Niels Wilhelm Gade , ペーター・エラスムス・ランゲ=ミュラー Peter Erasmus Lange-Müller , ルーズ・ランゴー Rued Langgaard
アーティスト
デンマーク・ピアノ三重奏団 Danish Piano Trio, The

ゲーゼ/ランゲ=ミュラー/ランゴー:デンマークのロマンティック・ピアノ三重奏曲集(デンマーク・ピアノ三重奏団)

Chamber Music - GADE, N.W. / LANGE-MÜLLER, P.E. / LANGGAARD, R. (Danish Romantic Piano Trios) (Danish Piano Trio)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226119

全トラック選択/解除

ペーター・エラスムス・ランゲ=ミュラー - Peter Erasmus Lange-Müller (1850-1926)

**:**
ピアノ三重奏曲 ヘ短調 Op. 53

Piano Trio in F Minor, Op. 53

録音: 12-13 and 19-21 April 2014, Royal Danish Academy of Music Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4419273
**:**
»  I. Moderato con moto
1.

-

**:**
»  II. Allegretto piacevole - l'istesso tempo (scherzando) - Tempo I
2.

-

**:**
»  III. Allegro con brio, ma non troppo presto
3.

-

ニルス・ウィルヘルム・ゲーゼ - Niels Wilhelm Gade (1817-1890)

**:**
ピアノ三重奏曲 ヘ長調 Op. 42

Piano Trio in F Major, Op. 42

録音: 12-13 and 19-21 April 2014, Royal Danish Academy of Music Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4419277
**:**
»  I. Allegro animato
4.

-

**:**
»  II. Allegro molto vivace
5.

-

**:**
»  III. Andantino
6.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con fuoco
7.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲 変ロ長調
8.

Piano Trio in B-Flat Major

録音: 12-13 and 19-21 April 2014, Royal Danish Academy of Music Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4419278

ルーズ・ランゴー - Rued Langgaard (1893-1952)

**:**
山の花 BVN 34
9.

Fjeldblomster (Mountain Flowers), BVN 34

録音: 12-13 and 19-21 April 2014, Royal Danish Academy of Music Concert Hall, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4419279
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/12/01
中央ヨーロッパでは広く愛されていた「ピアノ三重奏曲」というジャンルは、実はデンマークではそれほど長い歴史を持っているわけではありません。ハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンが数多くの作品を書いていたのに、デンマークではそれらは全く手付かずでした。ようやく19世紀の半ばになって、何人かの作曲家たちが「ピアノ三重奏曲」を書くようになったのですが、例えばシューマンやメンデルスゾーンに傾倒していたゲーゼの作品はドイツ風であり、なかなか北欧独自の響きを獲得するまでには至らなかったようです。しかしランゲ=ミュラーの三重奏曲には明らかに北欧の民謡が使われるなど、独自の作品が生まれていくようになります。そんなデンマークの現代の三重奏曲を聞いてみたければアルバム「5つの現代ピアノ三重奏曲集」(8.226583)もあわせてどうぞ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。