ホーム > アルバム > 8.226129 ローロフ:メデア/リシストラータ(セミングセン/エスビェア・アンサンブル/クリステンセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.226129
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 声楽曲
作曲家
マルク=アントワーヌ・シャルパンティエ Marc-Antoine Charpentier , ステイングリームル・ローロフ Steingrimur Rohloff
作詞家
トマ・コルネイユ Thomas Corneille , ペーター・ラウゲセン Peter Laugesen
編曲者
ステイングリームル・ローロフ Steingrimur Rohloff
アーティスト
エスビェア・アンサンブル Esbjerg Ensemble , ヘンリク・ヴァウン・クリステンセン Henrik Vagn Christensen , トゥーヴァ・セミングセン Tuva Semmingsen , ペーター・ラウゲセン Peter Laugesen

ローロフ:メデア/リシストラータ(セミングセン/エスビェア・アンサンブル/クリステンセン)

ROHLOFF, S.: Medea / Lysistrate [Opera] (Semmingsen, Esbjerg Ensemble, Christensen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226129

全トラック選択/解除

マルク=アントワーヌ・シャルパンティエ - Marc-Antoine Charpentier (1643-1704)

**:**
歌劇「メデ」 - 第3幕 アリア 「Air, Quel prix de mon amour」
1.

Médée, Act III: Air: Quel prix de mon amour (arr. S. Rohloff)

録音: 2-3 June 2018 / 20-21 June 2019 / 10-11 June 2020, Esbjerg Performing Arts Centre, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8469980

ステイングリームル・ローロフ - Steingrimur Rohloff (1971-)

**:**
メデアによる5つの歌

Five Songs by Medea

録音: 2-3 June 2018 / 20-21 June 2019 / 10-11 June 2020, Esbjerg Performing Arts Centre, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8469981
**:**
»  No. 1. Hvorfor fuglene synger
2.

-

**:**
»  No. 2. Skæbnen er en rotte
3.

-

**:**
»  No. 3. Jasons kranie
4.

-

**:**
»  No. 4. Jeg kan tænde vulkaner
5.

-

**:**
»  No. 5. Jeg slukker nu
6.

-

 
**:**
リシストラータ

Lysistrate

録音: 2-3 June 2018 / 20-21 June 2019 / 10-11 June 2020, Esbjerg Performing Arts Centre, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8469982
**:**
»  Overture
7.

-

**:**
»  Lysistrates plan
8.

-

**:**
»  Pyntesyge kvinder
9.

-

**:**
»  Den slags pjat
10.

-

**:**
»  Smerten
11.

-

**:**
»  Glem
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/02/01
ギリシャ神話の登場人物メデアとリシストラータは、現代に至るまで多くの画家や音楽家ら、創造的な芸術家たちを魅了し続けています。このアルバムに収録されているのはアイスランド=ドイツの作曲家ステイングリームル・ローロフの作品で、17世紀の作曲家シャルパンティエの歌劇にインスパイアされた「メデアによる5つの歌」と、アリストパネスの戯曲に基づいた「リシストラータ」、どちらも世界初録音です。これらを歌うのはノルウェーのメゾ・ソプラノ歌手、トゥーヴァ・セミングセン。歌劇場だけでなく、映画にも出演するなど幅広い活動で知られています。ローロフはパリ国立高等音楽院でジェラール・グリゼーに師事し、2003年にベルント・アロイス・ツィンマーマン賞を受賞。アコースティックな響きとパーカッションを多用、時にはエレクトロニクスを用いる作風が高く評価されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。