ホーム > アルバム > 8.226135 セアンセン:ルーセンバード/パントマイム/ファンタジア・アパッショナータ(ギスリンジェ/ステンハンマル四重奏団/エスビェア・アンサンブル)

セアンセン:ルーセンバード/パントマイム/ファンタジア・アパッショナータ(ギスリンジェ/ステンハンマル四重奏団/エスビェア・アンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.226135
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ベント・セアンセン Bent Sørensen
アーティスト
エスビェア・アンサンブル Esbjerg Ensemble , カトリーネ・ギスリンジェ Katrine Gislinge , ステンハンマル四重奏団 Stenhammar Quartet

セアンセン:ルーセンバード/パントマイム/ファンタジア・アパッショナータ(ギスリンジェ/ステンハンマル四重奏団/エスビェア・アンサンブル)

SØRENSEN, B.: Rosenbad / Pantomime / Fantasia Appassionata (Gislinge, Stenhammar Quartet, Esbjerg Ensemble)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226135

全トラック選択/解除

ベント・セアンセン - Bent Sørensen (1958-)

**:**
ルーセンバード - パピヨン

Rosenbad - Papillons

録音: 14-16 August 2017, Royal Danish Academy of Music, Copenhagen
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6452593
**:**
»  I. Allegretto
1.

-

**:**
»  II. Calmo con delicatezza
2.

-

**:**
»  III. Scherzando
3.

-

**:**
»  IV. Andante
4.

-

**:**
»  V. Fluente
5.

-

**:**
»  VI. Molto espressivo con disperazione
6.

-

**:**
»  VII. —
7.

-

 
**:**
ファンタジア・アパッショナータ
8.

Fantasia Appassionata

録音: 14-16 August 2017, Royal Danish Academy of Music, Copenhagen
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6504346
 
**:**
パントマイム - パピヨン

Pantomime - Papillons

録音: 18-19 June 2016, Royal Danish Academy of Music, Copenhagen
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6504347
**:**
»  I. —
9.

-

**:**
»  II. Scherzando
10.

-

**:**
»  III. Andante
11.

-

**:**
»  IV. Fluente
12.

-

**:**
»  V. Fluente
13.

-

**:**
»  IV. Calmo con delicatezza
14.

-

**:**
»  VII. Allegretto
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/03/01
漠然として捉えどころのない音楽でありながら、確かな存在感を放つセアンセンの作品。このアルバムには、三部作「蝶々」の中の2つの作品がメインに収録されています。ミニョン(8.226134に収録)、ローゼンバッド、パントマイム、この三つの作品で構成された「蝶々」には恐怖、希望、郷愁を主題とした共通の音楽素材が用いられており、ピアノが重要な働きを担っています。ここでピアノを演奏しているのは、セアンセンの妻ギスリンジェ。北欧を代表するピアニストである彼女は、独奏曲「ファンタジア・アパッショナータ」でも夢幻的な演奏を聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。