ホーム > アルバム > 8.226553 ブルーン:海の手紙/全ての生きとし生ける物とともに鳴らす銀の鐘/反射する波(エスビェア・アンサンブル/スンドクヴィスト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226553
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
ペーター・ブルーン Peter Bruun
作詞家
Rolf Gjedsted
アーティスト
フローデ・アンデルセン Frode Andersen , エスビェア・アンサンブル Esbjerg Ensemble , ヘレーネ・ギェリス Helene Gjerris , ペッテル・スンドクヴィスト Petter Sundkvist

ブルーン:海の手紙/全ての生きとし生ける物とともに鳴らす銀の鐘/反射する波(エスビェア・アンサンブル/スンドクヴィスト)

BRUUN, P.: Letters to the Ocean / A Silver Bell that Chimes all Living Things Together / Waves of Reflection (Sundkvist)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226553

全トラック選択/解除

ペーター・ブルーン - Peter Bruun (1968-)

**:**
海の手紙

Breve Til Havet (Letters to the Ocean)

録音: 21-24 June 2010, Musikhuset Esbjerg, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/964881
**:**
»  I. Nar Natten Falder (When Night Falls)
1.

-

**:**
»  II. Drukne et Hav i et Andet (Drown One Ocean in Another)
2.

-

**:**
»  III. Bede Det Laegge sig (Ask it to Calm Down)
3.

-

**:**
»  IV. Himmel-Havn (Heaven-Haven)
4.

-

 
**:**
全ての生きとし生ける物とともに鳴らす銀の鐘

En Klokke Af Solv, Der Kimer Alt Levende Sammen (A Silver Bell that Chimes all Living Things Together)

録音: 21-24 June 2010, Musikhuset Esbjerg, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/965432
**:**
»  I. Gennem din sang (Through Your Song)
5.

-

**:**
»  II. Min hjemlose klarinet (My Homeless Clarinet)
6.

-

**:**
»  III. Et klaver af solve, derkimer alt levende sammen (A Sliver Piano that Chimes all Lving Things Together)
7.

-

**:**
»  IV. Der sorgfulden guitarer (The Mournful Guitars)
8.

-

**:**
»  V. Nu Letter en kontrabas (Now a Double-bass Takes Off)
9.

-

**:**
»  VI. Nu regner det pa en sang (Now It Is Raining on a Song)
10.

-

 
**:**
反射する波

Spejlbolger (Waves of Reflection)

録音: 21-24 June 2010, Musikhuset Esbjerg, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/965433
**:**
»  I. Introduction
11.

-

**:**
»  II. Reflection
12.

-

**:**
»  III. Interlude
13.

-

**:**
»  IV. Wave
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/05/01
ブルーン(1968-)の音楽は一言では語り尽くせないほどの多様性を秘めています。彼は1989年に作曲の勉強を始め、同時に大学では哲学を学びました。1991年から1997年にはデンマーク王立音楽大学で、ノアゴーとラスムッセンからも教えを受けています。声楽作品と、アンサンブルのための作品を得意としていて、このアルバムには彼の真骨頂とも言える曲が収録されています。アンサンブルの指揮は、NAXOSでもおなじみのスンドクヴィスト。どの曲も一度聴いたら忘れられないほどの強い印象を残しますが、中でもメゾ・ソプラノとアンサンブルのための「全ての生きとし~」のロルカの詩を元にした歌曲集は、その強烈な音色と言葉遊びがユニークです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。