ホーム > アルバム > 8.226581 ニールセン:オフィーリアのダンス/交響曲第3番「ウォッチング・ライフ」(モーエンセン/S.H. ニールセン/オーフス響/オーフス・シンフォニエッタ/クリステンセン/ラシライネン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.226581
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
スヴェン・ヴィトフェルト・ニールセン Svend Hvidtfelt Nielsen
アーティスト
オーフス・シンフォニエッタ Aarhus Sinfonietta , オーフス交響楽団 Aarhus Symphony Orchestra , ヘンリク・ヴァウン・クリステンセン Henrik Vagn Christensen , スヴェン・ヴィトフェルト・ニールセン Svend Hvidtfelt Nielsen , ビャーケ・モーエンセン Bjarke Mogensen , アリ・ラシライネン Ari Rasilainen

ニールセン:オフィーリアのダンス/交響曲第3番「ウォッチング・ライフ」(モーエンセン/S.H. ニールセン/オーフス響/オーフス・シンフォニエッタ/クリステンセン/ラシライネン)

NIELSEN, S.H.: Ophelia Dances / Symphony No. 3, "Watching Life" (Mogensen, S.H. Nielsen, Aarhus Symphony, Aarhus Sinfonietta, Christensen, Rasilainen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226581

全トラック選択/解除

スヴェン・ヴィトフェルト・ニールセン - Svend Hvidtfelt Nielsen (1958-)

**:**
トッカータ
1.

Toccata

録音: 30-31 October 2014, Symphonic Hall, Musikhuset Aarhus, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6924117
 
**:**
オフィーリアのダンス
2.

Ophelia Dances

録音: 24-25 January 2018, Symphonic Hall, Musikhuset Aarhus, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6924118
 
**:**
交響曲第3番 「ウォッチング・ライフ」
3.

Symphony No. 3, "Watching Life"

録音: 29 February - 2 March 2016, Symphonic Hall, Musikhuset Aarhus, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6924119
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/03/01
控え目な旋律や断片的な素材から、素晴らしい音楽を創り出すというアイデアは、代々の北欧作曲家たちにとって楽しい仕事であり、作品の特徴とも言えるやりかたです。スヴェン・ヴィトフェルト・ニールセン(カール・ニールセンとは別人)もそのような作風を持つ作曲家の一人であり、作曲家60歳の誕生日を記念してリリースされたこのアルバムの3つの作品では、とりわけユニークな音作りが楽しめます。トッカータは映画音楽風であり、良く知られたシェークスピア作品からインスパイアされた「オフィーリアのダンス」には「ダンスは踊るものではなく聴くものだ」と主張する彼の心の声が秘められています。アルバムの中心を成す「交響曲第3番」は見事な構造を持ち、「一生を見守る」という副題そのままに、シンフォニックでドラマ性を感じさせる壮大な作品です。曲の最後に聞こえる鳥のさえずりは天上の世界を思わせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。