ホーム > アルバム > 8.226906 プーランク:合唱作品集(デンマーク国立声楽アンサンブル/レイトン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.226906
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲)
作曲家
フランシス・プーランク Francis Poulenc
作詞家
アッシジの聖フランチェスコ Saint Francis of Assisi, , ギヨーム・アポリネール Guillaume Apollinaire , インノケンティウス6世 Pope Innocent VI , ポール・エリュアール Paul Éluard , 不詳 Anonymous , Anthony of Padua,
アーティスト
デンマーク国立声楽アンサンブル Danish National Vocal Ensemble , スティーヴン・レイトン Stephen Layton

プーランク:合唱作品集(デンマーク国立声楽アンサンブル/レイトン)

POULENC, F.: Choral Music (Half Monk, Half Rascal) (Danish National Vocal Ensemble, Layton)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.226906

全トラック選択/解除

フランシス・プーランク - Francis Poulenc (1899-1963)

**:**
7つの歌 FP 81

7 Chansons, FP 81

録音: 25-28 August 2008, 20-21 August 2009, Garnison's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1877541
**:**
»  No. 1. La blanche neige (The White Snow)
1.

-

**:**
»  No. 2. A peine defiguree (Hardly disfigured)
2.

-

**:**
»  No. 3. Par une nuit nouvelle (A new night)
3.

-

**:**
»  No. 4. Tous les droits (Every right)
4.

-

**:**
»  No. 5. Belle et ressemblante (Beautiful and lifelike)
5.

-

**:**
»  No. 6. Marie (Marie)
6.

-

**:**
»  No. 7. Luire (Gleaming)
7.

-

 
**:**
アッシジの聖フランチェスコの4つの小さな祈り FP 142

4 Petites prieres de Saint Francois d'Assise, FP 142

録音: 25-28 August 2008, 20-21 August 2009, Garnison's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1877542
**:**
»  No. 1. Salut, Dame Sainte (Modere, mais sans lenteur)
8.

-

**:**
»  No. 2. Tout puissant, tres saint (Majestueux et eclatant)
9.

-

**:**
»  No. 3. Seigneur, je vous en prie (Tres expressif et fervent)
10.

-

**:**
»  No. 4. O mes tres chers freres (Bien calme)
11.

-

 
**:**
アヴェ・ヴェルム・コルプス FP 154

Ave verum corpus, FP 154

録音: 25-28 August 2008, 20-21 August 2009, Garnison's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1877543
**:**
»  Ave verum corpus
12.

-

 
**:**
雪の夕暮れ FP 126

Un soir de neige, FP 126

録音: 25-28 August 2008, 20-21 August 2009, Garnison's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1877544
**:**
»  No. 1. De grandes cuillers de neige
13.

-

**:**
»  No. 2. La bonne neige
14.

-

**:**
»  No. 3. Bois meurtri
15.

-

**:**
»  No. 4. La nuit le froid la solitude
16.

-

 
**:**
パドゥバの聖アントニウスのラウダ FP 172

Laudes de Saint Antoine de Padoue, FP 172

録音: 25-28 August 2008, 20-21 August 2009, Garnison's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1877545
**:**
»  I. O Jesu
17.

-

**:**
»  II. O proles
18.

-

**:**
»  III. Laus Regi
19.

-

**:**
»  IV. Si quaeris
20.

-

 
**:**
フランスの歌 Op. 130

Chansons francaises, FP 130

録音: 25-28 August 2008, 20-21 August 2009, Garnison's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1877546
**:**
»  No. 1. Margoton va t'a l'iau
21.

-

**:**
»  No. 2. La belle se sied au pied de la tour
22.

-

**:**
»  No. 3. Pilons l'orge
23.

-

**:**
»  No. 4. Clic, clac, dansez sabots
24.

-

**:**
»  No. 5. C'est la petit' fill' du prince
25.

-

**:**
»  No. 6. La belle si nous etions
26.

-

**:**
»  No. 7. Ah! mon beau laboureur
27.

-

**:**
»  No. 8. Les tisserands
28.

-

 
**:**
酒飲み歌 FP 31

Chanson a boire, FP 31

録音: 25-28 August 2008, 20-21 August 2009, Garnison's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1877547
**:**
»  Chanson a boire
29.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/04/01
タイトルの「HALF MONK」とはプーランクの偉大なる側面を表す言葉として知られれいます。
これは、評論家のクロード・ロスタンから「ガキ大将と聖職者が同居している」と評されたことが元になっていますが、確かに彼のピアノ曲や室内楽作品にみられる「皮肉や諧謔」と、宗教作品に見られる「荘厳な面持ち」は全く相反する性格と言っても差し支えないでしょう。このアルバムは、そんな彼の「2つの面」を合唱作品から追求します。あまりにも美しく清冽な「アッシジの聖フランチェスコ~」などの宗教曲と、ウィットにとんだ「フランスの歌」などの世俗曲は、全く違う様相を見せながらも、まぎれもなくプーランクの作品です。このアルバムは、「ナイチンゲール」(6.220605)にて、ミカラ・ペトリとスティーヴン・レイトン&デンマーク国立声楽アンサンブルが共演したことが縁で生まれたもの。次回作も予定されているとのことです。録音 2008年8月25-28日,2009年8月20-21日 コペンハーゲン ガルニソン教会

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。