ホーム > アルバム > 8.550059 ハイドン:チェロ協奏曲第1番, 第2番/ボッケリーニ:チェロ協奏曲 変ロ長調(カンタ/カペラ・イストロポリターナ/ブレイナー)

ハイドン:チェロ協奏曲第1番, 第2番/ボッケリーニ:チェロ協奏曲 変ロ長調(カンタ/カペラ・イストロポリターナ/ブレイナー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.550059
CD発売時期
1989年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , ルイジ・ボッケリーニ Luigi Boccherini
編曲者
フリードリヒ・グルツマッヒャー Friedrich Grützmacher
アーティスト
カペラ・イストロポリターナ Capella Istropolitana , ルドヴィト・カンタ Ludovit Kanta , ピーター・ブレイナー Peter Breiner

ハイドン:チェロ協奏曲第1番, 第2番/ボッケリーニ:チェロ協奏曲 変ロ長調(カンタ/カペラ・イストロポリターナ/ブレイナー)

HAYDN: Cello Concertos Nos. 1 and 2 / BOCCHERINI: Cello Concerto in B-Flat Major

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.550059

全トラック選択/解除

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
チェロ協奏曲第1番 ハ長調 Hob.VIIb:1

Cello Concerto No. 1 in C Major, Hob.VIIb:1

録音: September 1987 / 27 November 1988, Concert Hall of Slovak Philharmonic and Moyzes Hall, Bratislava
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6511
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto
3.

-

 
**:**
チェロ協奏曲第2番 ニ長調 Hob.VIIb:2

Cello Concerto No. 2 in D Major, Hob.VIIb:2

録音: September 1987 / 27 November 1988, Concert Hall of Slovak Philharmonic and Moyzes Hall, Bratislava
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6512
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Rondo. Allegro
6.

-

ルイジ・ボッケリーニ - Luigi Boccherini (1743-1805)

**:**
チェロ協奏曲第9番 変ロ長調 G. 482

Cello Concerto in B-Flat Major (arr. F. Grutzmacher)

録音: September 1987 / 27 November, 1988, Concert Hall of Slovak Philharmonic and Moyzes Hall, Bratislava
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2063
**:**
»  I. Allegro moderato
7.

-

**:**
»  II. Adagio (non troppo)
8.

-

**:**
»  III. Rondo. Allegro
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
古典派のチェロ協奏曲の中でもとびきりの名曲を3曲お届けいたします。ハイドンの協奏曲は現存しているのはこの2曲のみ。それも第1番は曲の存在は知られていたものの、楽譜自体はずっと失われていて写譜が発見されたのは1961年になってから。1962年にミロシュ・サードロが復活蘇演してからようやく身近なものとなりました。第2番は、偽作の疑いも強かったのですが、自筆譜が1954年に発見されてからようやく真作であろうと結論付けられたのです。かたやボッケリーニの協奏曲は、彼自身が名チェリストであったこともあり、華やかでチェロの超絶技巧が駆使された素晴らしいものです。日本でもすっかりお馴染みとなったチェリスト、ルドヴィト・カンタの説得力あふれる演奏に耳が釘付け!聴いているだけで気持ちのいい1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。