ホーム > アルバム > 8.550349 ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番/コレッリの主題による変奏曲/楽興の時(ビレット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.550349
CD発売時期
1991年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
イディル・ビレット Idil Biret

ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番/コレッリの主題による変奏曲/楽興の時(ビレット)

RACHMANINOV: Variations on a Theme of Corelli / Moments Musicaux, Op. 16

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.550349

全トラック選択/解除

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op. 36 (1931年改訂版)

Piano Sonata No. 2 in B-Flat Minor, Op. 36 (1931 version)

録音: October 1989, Tonstudio van Geest, Heidelberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5959389
**:**
»  I. Allegro agitato
1.

-

**:**
»  II. Non allegro
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto
3.

-

 
**:**
Variations on a Theme by Corelli, Op. 42

録音: October 1989, Tonstudio van Geest, Heidelberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5959400
**:**
»  Theme: Andante
4.

-

**:**
»  Variation 1: Poco più mosso
5.

-

**:**
»  Variation 2: L'istesso tempo
6.

-

**:**
»  Variation 3: Tempo di menuetto
7.

-

**:**
»  Variation 4: Andante
8.

-

**:**
»  Variation 5: Allegro (ma non tanto)
9.

-

**:**
»  Variation 6: L'istesso tempo
10.

-

**:**
»  Variation 7: Vivace
11.

-

**:**
»  Variation 8: Adagio misterioso
12.

-

**:**
»  Variation 9: Un poco più mosso
13.

-

**:**
»  Variation 10: Allegro scherzando
14.

-

**:**
»  Variation 11: Allegro vivace
15.

-

**:**
»  Variation 12: L'istesso tempo
16.

-

**:**
»  Variation 13: Agitato
17.

-

**:**
»  Intermezzo
18.

-

**:**
»  Variation 14: Andante (come prima)
19.

-

**:**
»  Variation 15: L'istesso tempo
20.

-

**:**
»  Variation 16: Allegro vivace
21.

-

**:**
»  Variation 17: Meno mosso
22.

-

**:**
»  Variation 18: Allegro con brio
23.

-

**:**
»  Variation 19: Più mosso, Agitato
24.

-

**:**
»  Variation 20: Più mosso
25.

-

**:**
»  Coda: Andante
26.

-

 
**:**
楽興の時 Op. 16

Moments Musicaux, Op. 16

録音: October 1989, Tonstudio van Geest, Heidelberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5959401
**:**
»  No. 1: Andantino
27.

-

**:**
»  No. 2: Allegretto
28.

-

**:**
»  No. 3: Andante cantabile
29.

-

**:**
»  No. 4: Presto
30.

-

**:**
»  No. 5: Adagio sostenuto
31.

-

**:**
»  No. 6: Maestoso
32.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/08/27
ラフマニノフのピアノ・ソナタ第2番は1913年に作曲された作品で、同じ年の12月にラフマニノフ自身によって初演されています。しかし聴衆たちの反応はいまひとつで、「長すぎる」「複雑すぎる」などの意見に従い、1931年に改訂版を作成することとなります(このアルバムにはこちらの改訂稿が収録されています)。この改訂版、確かにすっきりとした音楽になりましたが、もともとあった魅力的なパッセージなども削除されてしまったため、ピアニストによっては2つの稿の折衷版を演奏する人も多く、現在では「どちらも捨てがたいもの」として評価されています。ラフマニノフが愛した鐘の音が聴こえてくる魅力的なソナタです。主題と20の変奏からなる「コレルリの主題による変奏曲」はクライスラーに献呈された作品で、彼が渡米後に書いた最初で最後のピアノ独奏曲です。「楽興の時」は古典的な形式に華麗な技巧を盛り込んだ演奏会用の小品で、シューベルトやショパンの影響も垣間見える名作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。