ホーム > アルバム > 8.550951 レスピーギ:劇的交響曲(スロヴァキア・フィル/ナザレス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.550951
CD発売時期
1999年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
オットリーノ・レスピーギ Ottorino Respighi
アーティスト
スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団 Slovak Philharmonic Orchestra , ダニエル・ナザレス Daniel Nazareth

レスピーギ:劇的交響曲(スロヴァキア・フィル/ナザレス)

RESPIGHI, O.: Sinfonia Drammatica (Slovak Philharmonic, Nazareth)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.550951

全トラック選択/解除

オットリーノ・レスピーギ - Ottorino Respighi (1879-1936)

**:**
劇的交響曲

Sinfonia Drammatica

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/11313
**:**
»  Allegro energico
1.

-

**:**
»  Andante sostenuto
2.

-

**:**
»  Allegro impetuoso
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
冒頭のティンパニ劇打から、まさに「ドラマティック!」な世界が繰り広げられていきます。作曲時期は第1次世界大戦勃発の1914年。レスピーギ本人はと言えば、音楽学校の教授に就任し、長年の夢だった「イタリア産交響曲的作品の復興」に驀進し始めたばかりでした。不安と力こぶを全身にみなぎらせて「劇的交響曲」は誕生したのです。同時代の先人達(R.シュトラウス、マーラー、ドビュッシー)の手法から「いいとこ取り」して折衷的に作った作品とは言われますが、その壮大でカラフルな世界はさすがレスピーギでしょう。なお、時折「ローマ三部作っぽい所」が聴こえるのも一興です。*8.220418の再発売品

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。