ホーム > アルバム > 8.551096 モーツァルト:交響曲第31番「パリ」, 第36番「リンツ」, 第38番「プラハ」(ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.551096
CD発売時期
2002年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
ケルン室内管弦楽団 Cologne Chamber Orchestra , ヘルムート・ミュラー=ブリュール Helmut Müller-Brühl

モーツァルト:交響曲第31番「パリ」, 第36番「リンツ」, 第38番「プラハ」(ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

MOZART: European Symphonies (Symphonies Nos. 31, 36, and 38)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.551096

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
交響曲第31番 ニ長調 「パリ」 K. 297

Symphony No. 31 in D Major, K. 297, "Paris"

録音: December 2000 to May 2001, Deutschlandfunk, Funkhaus Köln, Sendesaal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/103888
**:**
»  I. Allegro assai
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

 
**:**
交響曲第36番 ハ長調 「リンツ」 K. 425

Symphony No. 36 in C Major, K. 425, "Linz"

録音: December 2000 to May 2001, Deutschlandfunk, Funkhaus Köln, Sendesaal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/104007
**:**
»  I. Adagio - Allegro spirituoso
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Menuetto
6.

-

**:**
»  IV. Presto
7.

-

 
**:**
交響曲第38番 ニ長調 「プラハ」 K. 504

Symphony No. 38 in D Major, K. 504, "Prague"

録音: December 2000 to May 2001, Deutschlandfunk, Funkhaus Köln, Sendesaal
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/103895
**:**
»  I. Adagio - Allegro
8.

-

**:**
»  II. Andante
9.

-

**:**
»  III. Presto
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
20世紀のモーツァルト演奏における2つの大きな流れ、すなわちモダン楽器による重厚長大な演奏と、それに対して原典への回帰をうたった所謂時代楽器使用の歴史的アプローチ、21世紀にこの両者を止揚するのが、ミュラー=ブリュールです! モダン流の流麗さと歴史流の明快さの両者のいいとこ取りが、まさにここにあるといってよいでしょう。モーツァルトの交響曲の中でも、爽やかさと華やかさが印象的な、これら都市名つきの3曲は、ミュラー=ブリュール流とは相性も抜群! 弾力とキレのある響きの中から、華やいだ18世紀の都市の賑わいが聞こえてくるかのようです。
レビュアー: Tossy 投稿日:2012/01/28
大変残念なことに、ヘルムート・ミュラー=ブリュールが2012年1月早々に亡くなったとのニュースが流れました。彼は1970年前後に私たちの前に登場し、その後一旦表舞台からは降りたものの、ナクソスのバッハオーケストラ曲全集でしっかりと復活した姿を見せてくれました。バロックや古典派でモダン楽器を使いながら古楽奏法の利点を取り入れた説得力のある演奏を残しています。このモーツァルトも音価を切り詰める手法も使ってアクセントを明確にして、すっきりさわやかな仕上げになっており最高です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。