ホーム > アルバム > 8.551455-56 J.S. バッハ:ゴルトベルク変奏曲(10弦ギター・デュオ編)(デュオ・シナフェ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.551455-56
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
デュオ・シナフェ Duo Synaphé

J.S. バッハ:ゴルトベルク変奏曲(10弦ギター・デュオ編)(デュオ・シナフェ)

BACH, J.S.: Goldberg Variations (arr. for 10-string guitar duo) (Duo Synaphé)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.551455-56

全トラック選択/解除

Disc 1

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
ゴルトベルク変奏曲 BWV 988 (10弦ギター・デュオ編)

Goldberg Variations, BWV 988 (arr. for 10-string guitar duo)

録音: 24-26 February 2021, Chapel of Chexbres, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8864925
**:**
»  アリア
1.

-

Aria

**:**
»  第1変奏 1段鍵盤
2.

-

Variatio 1. a 1 Clav.

**:**
»  第2変奏 1段鍵盤
3.

-

Variatio 2. a 1 Clav.

**:**
»  第3変奏 同度のカノン、1段鍵盤
4.

-

Variatio 3. Canone all'Unisuono. a 1 Clav.

**:**
»  第4変奏 1段鍵盤
5.

-

Variatio 4. a 1 Clav.

**:**
»  第5変奏 1段あるいは2段鍵盤
6.

-

Variatio 5. a 1 ô vero 2 Clav.

**:**
»  第6変奏 2度のカノン、1段鍵盤
7.

-

Variatio 6. Canone alla Seconda. a 1 Clav.

**:**
»  第7変奏 1段あるいは2段鍵盤
8.

-

Variatio 7. a 1 ô vero 2 Clav.

**:**
»  第8変奏 2段鍵盤
9.

-

Variatio 8. a 2 Clav.

**:**
»  第9変奏 3度のカノン、1段鍵盤
10.

-

Variatio 9. Canone alla Terza. a 1 Clav.

**:**
»  第10変奏 フゲッタ、1段鍵盤
11.

-

Variatio 10. Fughetta. a 1 Clav.

**:**
»  第11変奏 2段鍵盤
12.

-

Variatio 11. a 2 Clav.

**:**
»  第12変奏 4度のカノン、1段鍵盤
13.

-

Variatio 12. Canone alla Quarta. a 1 Clav.

**:**
»  第13変奏 2段鍵盤
14.

-

Variatio 13. a 2 Clav.

**:**
»  第14変奏 2段鍵盤
15.

-

Variatio 14. a 2 Clav.

**:**
»  第15変奏 5度のカノン、1段鍵盤
16.

-

Variatio 15. Canone alla Quinta. a 1 Clav.

Disc 2

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
ゴルトベルク変奏曲 BWV 988 (10弦ギター・デュオ編)

Goldberg Variations, BWV 988 (arr. for 10-string guitar duo)

録音: 24-26 February 2021, Chapel of Chexbres, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8864925
**:**
»  第16変奏 序曲、1段鍵盤
1.

-

Variatio 16. Ouverture. a 1 Clav.

**:**
»  第17変奏 2段鍵盤
2.

-

Variatio 17. a 2 Clav.

**:**
»  第18変奏 6度のカノン、1段鍵盤
3.

-

Variatio 18. Canone alla Sexta. a 1 Clav.

**:**
»  第19変奏 1段鍵盤
4.

-

Variatio 19. a 1 Clav.

**:**
»  第20変奏 2段鍵盤
5.

-

Variatio 20. a 2 Clav.

**:**
»  第21変奏 7度のカノン、1段鍵盤
6.

-

Variatio 21. Canone alla Settima. a 1 Clav.

**:**
»  第22変奏 1段鍵盤
7.

-

Variatio 22. a 1 Clav.

**:**
»  第23変奏 2段鍵盤
8.

-

Variatio 23. a 2 Clav.

**:**
»  第24変奏 8度のカノン、1段鍵盤
9.

-

Variatio 24. Canone all'Ottava. a 1 Clav.

**:**
»  第25変奏 2段鍵盤
10.

-

Variatio 25. a 2 Clav.

**:**
»  第26変奏 2段鍵盤
11.

-

Variatio 26. a 2 Clav.

**:**
»  第27変奏 9度のカノン、2段鍵盤
12.

-

Variatio 27. Canone alla Nona. a 2 Clav.

**:**
»  第28変奏 2段鍵盤
13.

-

Variatio 28. a 2 Clav.

**:**
»  第29変奏 1段あるいは2段鍵盤
14.

-

Variatio 29. a 1 ô vero 2 Clav.

**:**
»  第30変奏 クオドリベット、1段鍵盤
15.

-

Variatio 30. Quodlibet. a 1 Clav.

**:**
»  アリア・ダ・カーポ
16.

-

Aria da capo

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/08/01
名曲中の名曲として知られるJ.S.バッハの「ゴルトベルク変奏曲」。不眠症に悩む伯爵のために、バッハの弟子ゴルトベルクが演奏したという逸話で知られる、チェンバロ(2段鍵盤付きクラヴィチェンバロ)のための作品です。冒頭と最後に置かれたアリアの低音パートに基づく30の変奏は、高度な対位法の技術が凝らされており、変奏曲の歴史における頂点の一つとして知られています。チェンバロやピアノだけではなく、弦楽合奏やオルガン、リコーダーやサックス・アンサンブルなど様々な楽器で演奏が試みられていますが、今回は2台の10弦ギターによる演奏の登場です。10弦ギターはギタリストのナルシソ・イエペスとギター製作者ホセ・ラミレス3世が共同開発した楽器で、一般的な6弦ギターに低音部の弦が4本追加されています。演奏は困難になりますが、これにより倍音の豊かな響きがもたらされます。このアルバムで10弦ギターのデュオを聴かせるのは"デュオ・シナフェ"。アンゲラ・クレーガーとディミタール・イヴァノフの2人がベートーヴェンやショパン、ラフマニノフ作品などをギターで演奏するために2019年に設立しました。デュオ名の「シナフェ」には相乗効果の意味があります。2020年に「ゴルトベルク変奏曲」の一部を含む様々な作品をアルバム「Classical Fragments」として発表しましたが、今作では全曲演奏に挑戦、息を呑むかのような素晴らしい演奏を披露しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。