ホーム > アルバム > 8.553103 モーツァルト:弦楽五重奏曲全集 1 (第1番、第3番)(フェヘールヴァーリ/エデル四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553103
CD発売時期
1994年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
エデル四重奏団 Éder Quartet , ヤーノシュ・フェヘールヴァーリ Janos Fehervari

モーツァルト:弦楽五重奏曲全集 1 (第1番、第3番)(フェヘールヴァーリ/エデル四重奏団)

MOZART: String Quintets, K. 174 and K. 515

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553103

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
弦楽五重奏曲第1番 変ロ長調 K. 174

String Quintet No. 1 in B-Flat Major, K. 174

録音: 2-5 December 1993, Unitarian Church, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9713
**:**
»  I. Allegro Moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Menuetto ma Allegro
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

**:**
»  Trio (first, discarded version of the Trio)
5.

-

**:**
»  Allegro (first, discarded version of the Finale)
6.

-

 
**:**
弦楽五重奏曲第3番 ハ長調 K. 515

String Quintet No. 3 in C Major, K. 515

録音: 2-5 December 1993, Unitarian Church, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9714
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Andante
8.

-

**:**
»  III. Menuetto: Allegretto
9.

-

**:**
»  IV. Allegro
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2015/12/03
17歳のモーツァルトが、当時の友人ミヒャエル・ハイドンの書いた弦楽五重奏曲に刺激されて作曲を始めたという第1番の弦楽五重奏曲。作曲の勉強を兼ねて書いたとされますが、後年になって第3楽章と第4楽章を書き直したことでもわかるように、彼自身この曲に強い愛着があったことが想像できます。このアルバムでは、変更された形で全曲を収録し、もともとあった第3楽章のトリオと終楽章も追加。後に破棄されてしまった初稿を聴く事ができます。かたや第3番は、1787年、モーツァルト31歳の円熟期の作品。流麗かつ優美な楽想と風格を持つ素晴らしいアンサンブルを聴く事ができます。各楽器の対話と溢れるようなメロディはまさに「神の声」そのものです。 演奏しているエデル四重奏団は、1976年エビアン国際弦楽四重奏コンクールで最優秀賞を獲得したアンサンブル。モーツァルトとショスタコーヴィチの作品で高く評価されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。