ホーム > アルバム > 8.553202 ルトスワフスキ:交響曲第4番/ヴァイオリン・パルティータ/チェーン II/葬送曲(ポーランド国立放送響/ヴィト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553202
CD発売時期
1996年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴィトルト・ルトスワフスキ Witold Lutosławski
アーティスト
アントニ・ヴィト Antoni Wit , クシシュトフ・バコヴスキ Krzysztof Bakowski , ポーランド国立放送交響楽団 Polish National Radio Symphony Orchestra

ルトスワフスキ:交響曲第4番/ヴァイオリン・パルティータ/チェーン II/葬送曲(ポーランド国立放送響/ヴィト)

LUTOSLAWSKI, W.: Symphony No. 4 / Violin Partita / Chain II / Funeral Music (Polish National Radio Symphony, Wit)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553202

全トラック選択/解除

ヴィトルト・ルトスワフスキ - Witold Lutosławski (1913-1994)

**:**
弦楽のための葬送曲

Funeral Music for Strings

録音: 19-22 December 1994, Concert Hall of Polish Radio, Katowice
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8490
**:**
»  Prologue
1.

-

**:**
»  Metamorphoses
2.

-

**:**
»  Apogeum
3.

-

**:**
»  Epilogue
4.

-

 
**:**
チェーンII - ヴァイオリンと管弦楽のためのダイアローグ

Chain II: Dialogue for Violin and Orchestra

録音: 19-22 December 1994, Concert Hall of Polish Radio, Katowice
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8489
**:**
»  Ad libitum
5.

-

**:**
»  A battuta
6.

-

**:**
»  Ad libitum
7.

-

**:**
»  A battuta - Ad libitum - A battuta
8.

-

 
**:**
間奏曲
9.

Interlude

録音: 19-22 December 1994, Concert Hall of Polish Radio, Katowice
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8491
 
**:**
ヴァイオリンと管弦楽のためのパルティータ

Partita for Violin and Orchestra

録音: 19-22 December 1994, Concert Hall of Polish Radio, Katowice
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8492
**:**
»  Allegro giusto
10.

-

**:**
»  Ad libitum
11.

-

**:**
»  Largo
12.

-

**:**
»  Ad libitum
13.

-

**:**
»  Presto
14.

-

 
**:**
交響曲第4番
15.

Symphony No. 4

録音: 19-22 December 1994, Concert Hall of Polish Radio, Katowice
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8493
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
20世紀ポーランドのルトスワフスキの作品は、民族主義的でありながらも国際的に評価されるに至っています。作曲者が独自の語法を展開する転機になった重要作「葬送曲」、代表作で演奏機会も多いヴァイオリンと管弦楽のための2つの作品「チェーン2」と「パルティータ」、その2曲を一演奏会で演奏する際に間で演奏されるべく書かれた「間奏曲」、録音の少ない晩年の名作「交響曲第4番」。作曲者の没年に録音された共感溢れる名演です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。