ホーム > アルバム > 8.553292 ドビュッシー:ピアノ作品集 3 - 映像/版画(ティオリエ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553292
CD発売時期
1997年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
クロード・ドビュッシー Claude Debussy
アーティスト
フランソワ・ジョエル・ティオリエ François-Joël Thiollier

ドビュッシー:ピアノ作品集 3 - 映像/版画(ティオリエ)

DEBUSSY: Piano Works, Vol. 3

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553292

全トラック選択/解除

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
映像 第1集

Images, Book 1

録音: 16-18 January 1996, Temple Saint Marcel, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4025
**:**
»  第1曲 水の反映
1.

-

No. 1. Reflets dans l'eau (Reflections in the water)

**:**
»  第2曲 ラモーを讃えて
2.

-

No. 2. Hommage a Rameau

**:**
»  第3曲 運動
3.

-

No. 3. Mouvement

 
**:**
映像 第2集

Images, Book 2

録音: 16-18 January 1996, Temple Saint Marcel, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4026
**:**
»  第1曲 葉ずえを渡る鐘の音
4.

-

No. 1. Cloches a travers les feuillies (Bells through the leaves)

**:**
»  第2曲 荒れた寺にかかる月
5.

-

No. 2. Et la lune descend sur le temple qui fut (And the moon descends on the ruins of the Temple)

**:**
»  第3曲 金色の魚
6.

-

No. 3. Poissons d'or (Goldfish)

 
**:**
版画

Estampes

録音: 16-18 January 1996, Temple Saint Marcel, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4024
**:**
»  第1曲 塔
7.

-

I. Pagodes

**:**
»  第2曲 グラナダの夕べ
8.

-

II. La soiree dans Grenade

**:**
»  第3曲 雨の庭
9.

-

III. Jardins sous la pluie

 
**:**
忘れられた映像

Images Oubliees

録音: 16-18 January 1996, Temple Saint Marcel, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4027
**:**
»  第1曲 レント
10.

-

I. Lent melancolique et doux

**:**
»  第2曲 ルーヴルの思い出
11.

-

II. Dans le mouvement d'une Sarabande

**:**
»  第3曲 「いやな天気だから、もう森へは行かない」の諸相
12.

-

III. Quelques aspects de nous n'irons plus au bois

 
**:**
レントより遅く
13.

La plus que lente

録音: 16-18 January 1996, Temple Saint Marcel, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4028
 
**:**
喜びの島
14.

L'isle joyeuse

録音: 16-18 January 1996, Temple Saint Marcel, Paris
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4029
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「映像」や「版画」で、ドビュッシーは独自の美世界を確立し、極めて行きます。淡い光の色彩的な音色、そして時折ほんのりとエキゾチズムの漂うこれらの作品は、音楽における「印象主義」の最高級の果実です。それぞれの楽曲を標題からイメージをふくらませ、ほわほわと聴き込むのが良いでしょう。なお「忘れられた映像」は、「ピアノのために」などの原曲となった珍しい楽曲です。アルバムの最後に収められた「喜びの島」は、ワトーの名作絵画「シテール島への脱出」の音楽化で、むせかえるような愛と幻想が乱舞し、しかも高度な演奏技術が求められる傑作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。