ホーム > アルバム > 8.553330 チャイコフスキー:ピアノ曲集 2 - ドゥムカ Op. 59/2つの小品 Op. 10/6つの小品 Op. 16 (ヤブロンスカヤ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553330
CD発売時期
1998年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky
編曲者
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky
アーティスト
オクサナ・ヤブロンスカヤ Oxana Yablonskaya

チャイコフスキー:ピアノ曲集 2 - ドゥムカ Op. 59/2つの小品 Op. 10/6つの小品 Op. 16 (ヤブロンスカヤ)

TCHAIKOVSKY: Piano Music, Vol. 2

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553330

全トラック選択/解除

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)

**:**
ドゥムカ - ロシアの農村風景 Op. 59
1.

Dumka - Russian rustic scene, Op. 59

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/14846
 
**:**
ロマンス ヘ短調 Op. 5

Romance in F Minor, Op. 5

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/14848
**:**
»  Andante cantabile
2.

-

 
**:**
2つの小品 Op. 10

2 Morceaux, Op. 10

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/14845
**:**
»  No. 1. Nocturne in F Major
3.

-

**:**
»  No. 2. Humoresque in G Major
4.

-

 
**:**
6つの小品 Op. 19

6 Morceaux, Op. 19

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/14849
**:**
»  I. Reverie du soir in G Minor: Andante espressivo
5.

-

**:**
»  II. Scherzo humoristique in D Major: Allegro vivacissimo
6.

-

**:**
»  III. Feuillet d'album in D Major: Allegretto simplice
7.

-

**:**
»  IV. Nocturne in C-Sharp Minor: Andante sentimentale
8.

-

**:**
»  V. Capriccioso in B-Flat Major: Allegretto simplice
9.

-

**:**
»  VI. Theme originale et variations in F Major
10.

-

 
**:**
6つの歌 Op. 16 (抜粋)(ピアノ編)

6 Romances, Op. 16 (arr. for piano) (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/14850
**:**
»  No. 1. Cradle Song
11.

-

**:**
»  No. 4. O Sing that Song
12.

-

**:**
»  No. 5. Thy Radiant Image
13.

-

 
**:**
スラヴ行進曲 Op. 31 (ピアノ編)
14.

Marche slave (Slavonic March), Op. 31 (arr. for piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/14847
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
突出した人気を誇る第1協奏曲の影で、チャイコフスキーのピアノ独奏曲は今一つ人気がないのが実情です。・・・が、実はとんでもないお宝の山なのです! スラヴ的な味わいをベースにして、ときには土臭く勇ましく、あるときには甘く切なく迫ったり、はたまた憂いに満ちたりと、チャイコフスキーの魅力はこの分野でも満開です。充実したピアノ書法にも支えられ、魅力的な楽想が次から次へと飛び出す「ドゥムカ」の多彩さ、「3つの歌曲の編曲」Op.16でのやるせないような歌等々、中毒性は高いです。「スラヴ行進曲」は実用本位のややヘッポコな編曲ですが、これすら御愛嬌といった感じで面白いかも!?

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。