ホーム > アルバム > 8.553331 レーガー:即興曲集 Op. 18/ユモレスク Op. 20/夜に(パヴリク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553331
CD発売時期
1999年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
マックス・レーガー Max Reger
アーティスト
マルクス・パヴリク Markus Pawlik

レーガー:即興曲集 Op. 18/ユモレスク Op. 20/夜に(パヴリク)

REGER: Improvisationen / Humoresken / Traume am Kamin

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553331

全トラック選択/解除

マックス・レーガー - Max Reger (1873-1916)

**:**
即興曲集 Op. 18

Improvisationen, Op. 18

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/11240
**:**
»  アレグレット・コン・グラツィア
1.

-

Allegretto con grazia

**:**
»  アンダンティーノ
2.

-

Andantino

**:**
»  カプリース(アレグロ・ヴィヴァーチェ)
3.

-

Caprice (Allegro vivace)

**:**
»  アンダンテ・センプリーチェ
4.

-

Andante semplice

**:**
»  モデラート、マ・マルカート
5.

-

Moderato, ma marcato

**:**
»  アレグレット・コン・グラツィア
6.

-

Allegretto con grazia

**:**
»  ヴィヴァーチェ・アッサイ
7.

-

Vivace assai

**:**
»  華麗な練習曲(アレグロ・コン・ブリオ)
8.

-

Etude brilliante (Allegro con brio)

 
**:**
ユモレスク Op. 20

Humoresken, Op. 20

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/11239
**:**
»  Allegretto grazioso
9.

-

**:**
»  Presto - Andante
10.

-

**:**
»  Andantino grazioso
11.

-

**:**
»  Prestissimo assai
12.

-

**:**
»  Vivace assai
13.

-

 
**:**
暖炉のそばの夢 Op. 143

Traume am Kamin, Op. 143

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/11242
**:**
»  Larghetto
14.

-

**:**
»  Con moto
15.

-

**:**
»  Molto adagio
16.

-

**:**
»  Allegretto grazioso
17.

-

**:**
»  Agitato
18.

-

**:**
»  Poco vivace
19.

-

**:**
»  Molto sostenuto
20.

-

**:**
»  Vivace (Etude)
21.

-

**:**
»  Larghetto
22.

-

**:**
»  Vivace (Humoreske)
23.

-

**:**
»  Andantino
24.

-

**:**
»  Larghetto (Studie)
25.

-

 
**:**
夜に

In der Nacht

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/11241
**:**
»  Sehr aufgeregt und schnell (Espressivo e marcato)
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
レーガーというと、長大・複雑・難解を極めたフーガや変奏曲の大家というイメージがありますが、実は演奏時間が数分の程度の小品にも優れた筆致を見せています。ガリベン的とでも形容したくなる独特の生真面目なムードと達者なピアノ書法が織り成す世界には、なかなかに多彩で魅力的なものがあります。即興曲集や「炉辺の夢」は、ブラームスの後期作品に通ずるような温かみのある渋さを感じさせる作品が中心ですが、なかにはスクリャービン風(といったら言い過ぎか?)の不思議な響きが混ざっていたりしてドキりとさせられますし、「ユモレスク」と題されつつも漂うお堅い雰囲気に作曲者の人柄に想いを馳せるのも一興です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。