ホーム > アルバム > 8.553405 イッポリトフ=イヴァノフ:コーカサスの風景/トルコの断章(ウクライナ国立響/フェイゲン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553405
CD発売時期
1997年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ミハイル・ミハイロヴィチ・イッポリトフ=イヴァノフ Mikhail Mikhaylovich Ippolitov-Ivanov
アーティスト
ウクライナ国立交響楽団 Ukraine National Symphony Orchestra , アーサー・フェイゲン Arthur Fagen

イッポリトフ=イヴァノフ:コーカサスの風景/トルコの断章(ウクライナ国立響/フェイゲン)

IPPOLITOV- IVANOV: Caucasian Sketches / Turkish Fragments

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553405

全トラック選択/解除

ミハイル・ミハイロヴィチ・イッポリトフ=イヴァノフ - Mikhail Mikhaylovich Ippolitov-Ivanov (1859-1935)

**:**
コーカサスの風景 組曲第1番 Op. 10

Caucasian Sketches, Suite No. 1, Op. 10

録音: 15-18 June 1995, Concert Hall of the Ukrainian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7257
**:**
»  I. In a Mountain Pass
1.

-

**:**
»  II. In a Village
2.

-

**:**
»  III. In a Mosque
3.

-

**:**
»  IV. Procession of the Sardar
4.

-

 
**:**
コーカサスの風景 組曲第2番 「イベリア」 Op. 42

Caucasian Sketches, Suite No. 2, Op. 42, "Iveria"

録音: 15-18 June 1995, Concert Hall of the Ukrainian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7258
**:**
»  I. Introduction: Lamentation of Princess Ketevana
5.

-

**:**
»  II. Berceuse
6.

-

**:**
»  III. Lesghinka
7.

-

**:**
»  IV. Georgian March
8.

-

 
**:**
トルコ行進曲 Op. 55
9.

Turkish March, Op. 55

録音: 15-18 June 1995, Concert Hall of the Ukrainian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7260
 
**:**
トルコの断章 Op. 62

Turkish Fragments, Op. 62

録音: 15-18 June 1995, Concert Hall of the Ukrainian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7259
**:**
»  I. Caravan
10.

-

**:**
»  II. At Rest
11.

-

**:**
»  III. Night
12.

-

**:**
»  IV. Festival
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ロシアのイッポリトフ=イヴァノフと言えば組曲「コーカサスの風景」、その中でもせいぜい「酋長の行列」だけが愛好家に知られていた程度、そんな認識を改めさせる録音の登場です。この組曲にコーカサスの王の名の副題を持つ第2番があることすら知る人は殆どいないでしょうし、音楽は第1番と同等以上の出来。トルコの名のつく2曲もオリエンタルな逸品。メトでレヴァインの助手も勤めたオペラ指揮者フェイゲンによる、姉妹レーベルのマルコポーロのイッポリトフ=イヴァノフ集とは別の新録音です。
レビュアー: Tossy 投稿日:2012/03/31
「コーカサスの風景組曲第1番」が東洋風でしみじみと懐かしく感じられる旋律の宝庫で大好きです。オーボエやコールアングレの鄙びた響きが随所に聴かれ、通俗曲として知られた4曲目の「酋長の行列」以外の曲ももっと聞かれてしかるべきでしょう。ウクライナのオケはやや迫力には欠けますが、管楽器のソロも含めて上手いと思います。余談ですが、第一曲目の「峡谷にて」のホルンが奏でるフレーズは昔NHKテレビ朝の放送開始時に使われたオリジナルBGMに登場するホルンとよく似ています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。