ホーム > アルバム > 8.553411 カバレフスキー:組曲「コラ・ブルニョン」/組曲「道化師」/付随音楽「ロメオとジュリエット」(モスクワ響/イェルヴァコフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553411
CD発売時期
1996年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ドミートリー・カバレフスキー Dmitry Borisovich Kabalevsky
アーティスト
ヴァシーリ・イェルヴァコフ Vasily Jelvakov , モスクワ交響楽団 Moscow Symphony Orchestra

カバレフスキー:組曲「コラ・ブルニョン」/組曲「道化師」/付随音楽「ロメオとジュリエット」(モスクワ響/イェルヴァコフ)

KABALEVSKY, D.B.: Romeo and Juliet / Colas Breugnon / Comedians (Moscow Symphony, Jelvakov)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553411

全トラック選択/解除

ドミートリー・カバレフスキー - Dmitry Borisovich Kabalevsky (1904-1987)

**:**
組曲「コラ・ブルニョン」 Op. 24

Colas Breugnon Suite, Op. 24a

録音: March 1995, Mosfilm Studio, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7048338
**:**
»  I. Overture
1.

-

**:**
»  II. The People's Feast
2.

-

**:**
»  III. The People's Calamity
3.

-

**:**
»  IV. The People's Insurrection
4.

-

 
**:**
Komedianti (The Comedians), Op. 26

録音: March 1995, Mosfilm Studio, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7048339
**:**
»  I. Prologue
5.

-

**:**
»  II. Galop
6.

-

**:**
»  III. March
7.

-

**:**
»  IV. Waltz
8.

-

**:**
»  V. Pantomime
9.

-

**:**
»  VI. Intermezzo
10.

-

**:**
»  VII. Little Lyrical Scene
11.

-

**:**
»  VIII. Gavotte
12.

-

**:**
»  IX. Scherzo
13.

-

**:**
»  X. Epilogue
14.

-

 
**:**
Romeo and Juliet, Op. 56

録音: March 1995, Mosfilm Studio, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7048340
**:**
»  I. Introduction
15.

-

**:**
»  II. Morning in Verona
16.

-

**:**
»  III. Preparation for the Ball
17.

-

**:**
»  IV. Procession of the Guests
18.

-

**:**
»  V. Quick Dance
19.

-

**:**
»  VI. Lyrical Dance
20.

-

**:**
»  VII. In the Cell of Friar Laurence
21.

-

**:**
»  VIII. Tarantella
22.

-

**:**
»  IX. Romeo and Juliet
23.

-

**:**
»  X. Death and Reconciliation
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
カバレフスキーは、同世代のショスタコーヴィチと比べて、格段に分かりやすい音楽を書き続けた“ソ連政府御用達作曲家”でした。小気味よいリズム、意外と抒情的で美しい旋律、現代性とロシア風味の絶妙なマッチングが彼の音楽の魅力です。20世紀現代音楽の主流は彼の作風を卑下しましたが、貴方はどう思われるでしょうか?それとも、反政府でなければ偉大な芸 術家ではないと門前払いですか?なお「道化師」のガロップは、日本の運動会のBGMとして愛用されている大有名曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。