ホーム > アルバム > 8.553413 ヴェラチーニ:序曲と協奏曲集 2 (アカデミア・イ・フィラルモニチ/マルティーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553413
CD発売時期
1999年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
フランチェスコ・マリア・ヴェラチーニ Francesco Maria Veracini
アーティスト
アカデミア・イ・フィラルモニチ Accademia I Filarmonici , アルベルト・マルティーニ Alberto Martini

ヴェラチーニ:序曲と協奏曲集 2 (アカデミア・イ・フィラルモニチ/マルティーニ)

VERACINI: Overtures and Concertos, Vol. 2

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553413

全トラック選択/解除

フランチェスコ・マリア・ヴェラチーニ - Francesco Maria Veracini (1690-1768)

**:**
ヴァイオリンと管弦楽のための8つの楽器による協奏曲 ニ長調

Concerto a otto stromenti in D Major for violin and orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/15582
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Allegro moderato
3.

-

 
**:**
序曲第5番 変ロ長調

Overture No. 5 in B-Flat Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/15583
**:**
»  I. Largo - Allegro
4.

-

**:**
»  II. Menuet
5.

-

**:**
»  III. Gigue
6.

-

**:**
»  IV. Rigaudon
7.

-

 
**:**
ヴァイオリンと管弦楽のための5声の協奏曲 イ長調

Concerto a cinque in A Major for violin and orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/15580
**:**
»  I. Allegro
8.

-

**:**
»  II. Grave
9.

-

**:**
»  III. Presto
10.

-

 
**:**
ヴァイオリンと管弦楽のための5声の協奏曲 ニ長調

Concerto a cinque in D Major for violin and orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/15581
**:**
»  I. Allegro
11.

-

**:**
»  II. Grave
12.

-

**:**
»  III. Presto
13.

-

 
**:**
管弦楽のためのアリア・スキアヴォーナ 変ロ長調
14.

Aria Schiavona in B-Flat Major for orchestra

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/15579
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2009/10/09
バロック音楽は単調で、個性のないこと制服のごとし、という人も居られるでしよう。フィレンツェ生まれのF.M.ヴェラチーニも、ヴィヴァルディやテレマンと混同されそうな作風ですが、余興としてパトロンのひとときのお気に召せばよかっただけで、ゆめゆめ後世のレビュアーのことなど毛頭考えていなかったでしょう。その意味では束の間、王様気分に浸りたい時に聴く音楽だと言えるかもしれませんね。それにしてもこのコンチェルト、さぞかし王様を喜ばせて、ご褒美を沢山戴いたことでしょう。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
同時代の有名なタルティーニを再び学習に向かわせたほどのヴァイオリンの名手ヴェラチーニの管弦楽を伴う作品集、この第2弾では、まず「序曲」が注目されます。4楽章形式は明らかに後の交響曲の歴史へと繋がります。舞曲形式による楽章が続きますが、特に終楽章のリゴードンの楽しさは忘れられません。ヴィヴァルディやコレルリの系譜上にありながらも、彼の作品は「エキセントリック」と形容されますが、協奏曲などで技巧性が目立つだけではなく、確かに風変わりな楽想を随所に発見できます(遅い楽章が意外に面白い!)。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。