ホーム > アルバム > 8.553417 カリンニコフ:交響曲第1番, 第2番(ウクライナ国立響/クチャル)

※現在表示されているトラックは、期間限定で、30秒の試聴制限が解除されています。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553417
CD発売時期
1995年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴァシリー・セルゲイエヴィチ・カリンニコフ Vasily Sergeyevich Kalinnikov
アーティスト
ウクライナ国立交響楽団 Ukraine National Symphony Orchestra , テオドレ・クチャル Theodore Kuchar

カリンニコフ:交響曲第1番, 第2番(ウクライナ国立響/クチャル)

KALINNIKOV: Symphonies Nos. 1 and 2

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553417

全トラック選択/解除

ヴァシリー・セルゲイエヴィチ・カリンニコフ - Vasily Sergeyevich Kalinnikov (1866-1901)

**:**
交響曲第1番 ト短調

Symphony No. 1 in G Minor

録音: 2-6 November 1994, Concert Hall of Ukrainian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7412
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Andante commodamente
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro non troppo - moderato assai
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro moderato
4.

-

 
**:**
交響曲第2番 イ長調

Symphony No. 2 in A Major

録音: 2-6 November 1994, Concert Hall of Ukrainian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7413
**:**
»  I. Moderato
5.

-

**:**
»  II. Andante cantabile
6.

-

**:**
»  III. Allegro scherzando
7.

-

**:**
»  IV. Andante cantabile - Allegro vivo
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: ラヴィ 投稿日:2009/06/11
隠れた名曲でありながらCDにはあまり音源がない曲で、LPの時はコンドラシン/モスクワPOやスベトラーネフ/ソビエト国立SOを聴いていました。このクチャルの演奏は実にロシアの大地を感じさせる演奏で、素朴でありながらロマンティックなスケールの大きな内容で曲の良さを最大限に引き出している感じがします。オーケストラも実に雰囲気の良い音を出しています。
レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2010/01/13
144年前の1月13日に、ロシアに生まれたヴァシリー・カリンニコフの生誕を祝って、それほど多くない作品の中から今日は交響曲2篇のご紹介です。健康的にも経済的にも決して恵まれたものではなかった生涯ですが、全篇にはロシアの風と土の匂いが感動的に表出されていて、真に叙情豊かな秀作です。肺結核の彼は35才の誕生日を目前にして1月11日昇天しました。
レビュアー: Pathdoc-M 投稿日:2013/03/12
CD と streaming を聴き比べて、後者の 質の高さに感心しました。CDの方が音場がややひろく、感銘度はわずかに高いようです。購入CDはやはりこれからも増えそうです。この曲には、ゴロワノフの名盤があります。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/08/08
その早すぎた死がロシア音楽界に深刻な影響を与えたカリンニコフ。彼の数少ない作品の中でもこの2つの交響曲は傑作中の傑作と言えるでしょう。 貧しい家に生まれたカリンニコフは、モスクワ音楽院に進むも、学費を納入できずに退学させられたエピソードが有名ですが、その後の人生も苦労の連続であり、1892年にチャイコフスキーに認められ指揮者として活躍し始めてからも、貧困と病気に苦しめられたのです。結核の療養のために訪れたヤルタでこれら2つの交響曲と、他のいくつかの作品が書かれ、第1番は何とか存命中に演奏されましたが、結局出版の目前、35歳の誕生日目前に世を去ってしまったのでした。 ロシア的哀愁とみずみずしい情緒が香る感動的な第1番、より根太い民族的情感が全編を流れるスケールの大きな第2番。どちらも抜群の光彩を放ち続けます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。