ホーム > アルバム > 8.553584 C. シュターミッツ:クラリネット協奏曲集 1 (ベルケシュ/ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553584
CD発売時期
1997年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
カール・シュターミッツ Carl Stamitz
アーティスト
岡崎耕治 Koji Okazaki , 高嶋友子 Tomoko Takashima , ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア Nicolaus Esterházy Sinfonia , カールマン・ベルケシュ Kálmán Berkes

C. シュターミッツ:クラリネット協奏曲集 1 (ベルケシュ/ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア)

STAMITZ, C.: Clarinet Concertos, Vol. 1

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553584

全トラック選択/解除

カール・シュターミッツ - Carl Stamitz (1745-1801)

**:**
クラリネット協奏曲第1番 ヘ長調

Clarinet Concerto No. 1 in F Major

録音: 23-26 August 1995, Reformed Church, Budapest
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/13208
**:**
»  I. アレグロ
1.

-

I. Allegro

**:**
»  II. アンダンテ・モデラート
2.

-

II. Andante moderato

**:**
»  III. ロンドー - アレグロ
3.

-

III. Rondeau: Allegro

 
**:**
2つのクラリネットのための協奏曲 変ロ長調

Double Clarinet Concerto in B-Flat Major

録音: 23-26 August 1995, Reformed Church, Budapest
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/13209
**:**
»  I. アレグロ
4.

-

I. Allegro

**:**
»  II. アンダンテ・モデラート
5.

-

II. Andante moderato

**:**
»  III. アレグロ
6.

-

III. Allegro

 
**:**
クラリネットとファゴットのための協奏曲 変ロ長調

Clarinet and Bassoon Concerto in B-Flat Major

録音: 23-26 August 1995, Reformed Church, Budapest
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/13207
**:**
»  I. アレグロ・モデラート
7.

-

I. Allegro moderato

**:**
»  II. アンダンテ・モデラート
8.

-

II. Andante moderato

**:**
»  III. ロンド
9.

-

III. Rondo

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
c.シュターミッツは、18世紀ヨーロッパの音楽の先進地・マンハイムの音楽一家に生まれ、初めはマンハイムやパリで、やがてはヨーロッパ中を巡る演奏家=作曲家として活躍した人物です。ただ、後半生は非常に苦しかったようで、錬金術にも手を出し、借財まみれで世を去っています。そんな彼の最も良く知られた作品が、10曲ほどあるクラリネット協奏曲です。2本のクラリネットやファゴットとの協奏曲は、当時流行っていた協奏交響曲のスタイルを模したもので、ウケてなんぼという作曲屋の基本が生きています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。