ホーム > アルバム > 8.553592 モーツァルト:ホルンと管弦楽のための作品全集(トンプソン/ボーンマス・シンフォニエッタ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553592
CD発売時期
1998年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
編曲者
フランツ・クサヴァー・ジュースマイヤー Franz Xaver Süssmayr , ジョン・ハンプリーズ John Humphries
アーティスト
マイケル・トンプソン Michael Thompson , ボーンマス・シンフォニエッタ Bournemouth Sinfonietta

モーツァルト:ホルンと管弦楽のための作品全集(トンプソン/ボーンマス・シンフォニエッタ)

MOZART, W.A.: Works for Horn and Orchestra (Complete) (Thompson, Bournemouth Sinfonietta)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553592

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
アレグロ 変ホ長調 K. 307b (断片)(J. ハンフリーズによる復元版)
1.

Fragment in E-Flat Major, K. 307b (reconstructed by John Humphries): Allegro

録音: 18-20 December 1995, Arts Wessex Hall, Poole Centre, Dorset, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9786
 
**:**
ロンド 変ホ長調 K. 371 - アレグロ(J. ハンフリーズによる復元版)
2.

Rondeau in E-Flat Major, K. 371 (reconstructed by John Humphries): Allegro

録音: 18-20 December 1995, Arts Wessex Hall, Poole Centre, Dorset, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9791
 
**:**
ホルン協奏曲第2番 変ホ長調 K. 417

Horn Concerto No. 2 in E-Flat Major, K. 417 (edited by John Humphries)

録音: 18-20 December 1995, Arts Wessex Hall, Poole Centre, Dorset, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9788
**:**
»  I. Allegro
3.

-

**:**
»  II. Andante
4.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
5.

-

 
**:**
断章 ホ長調 K. 494a - アレグロ
6.

Fragment in E Major, K. 494a (edited by John Humphries): Allegro

録音: 18-20 December 1995, Arts Wessex Hall, Poole Centre, Dorset, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9785
 
**:**
ホルン協奏曲第4番 変ホ長調 K. 495

Horn Concerto No. 4 in E-Flat Major, K. 495

録音: 18-20 December 1995, Arts Wessex Hall, Poole Centre, Dorset, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9790
**:**
»  I. Allegro maestoso
7.

-

**:**
»  II. Romance: Andante cantabile
8.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro vivace
9.

-

 
**:**
ホルン協奏曲第3番 変ホ長調 K. 447

Horn Concerto No. 3 in E-Flat Major, K. 447

録音: 18-20 December 1995, Arts Wessex Hall, Poole Centre, Dorset, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9789
**:**
»  I. Allegro
10.

-

**:**
»  II. Romance: Larghetto
11.

-

**:**
»  III. Allegro
12.

-

 
**:**
ホルン協奏曲第1番 ニ長調 K. 412 (J. ハンフリーズによる復元版)

Horn Concerto No. 1 in D Major, K. 412 (reconstructed by J. Humphries)

録音: 18-20 December 1995, Arts Wessex Hall, Poole Centre, Dorset, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9787
**:**
»  I. Allegro
13.

-

**:**
»  II. Rondo: Allegro
14.

-

 
**:**
ロンド ニ長調 K. 514 (F.X. ジュースマイヤーによる補筆完成版)
15.

Rondo in D Major, K. 514 (completed by Franz Xaver Sussmayr): Allegro

録音: 18-20 December 1995, Arts Wessex Hall, Poole Centre, Dorset, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9792
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
モーツァルトの4曲のホルン協奏曲は、20才も年上の悪友・大親友であったホルン奏者・ロイドゲープのために作曲されました。その自筆譜は「ロバ」「のろま」「馬鹿」「もう結構!」などと、からかいの文句が書き込まれていたり、青、赤、緑、黒の4色のインクが使われたりと、なかなかトンデモないものですが、そのことから二人の仲の良さ、そしてノリにノッて作曲をしたことがうかがわれようというものです。もちろん実際に聴いてみれば楽しさ満点で、あたかも陽気なオッサンがホルンをプカプカ吹きまくる様子が目に浮ぶかのようです。
レビュアー: Tossy 投稿日:2012/09/14
終生の友人ロイドゲープを演奏者に想定したモーツァルトのホルン協奏曲とその断片が高水準の演奏で集大成されています。モーツァルトの最晩年に「レクイエム」とともに作曲をすすめながらついには未完に終わった第1番については、最近の研究成果を踏まえジュスマイヤーによる補筆完成版ロンドを別に分けて、モーツァルトのオリジナル草稿を編曲して第2楽章として収録する形をとっています。曲としての完成度は私も世評通り第3番が最も高いと思いますが、高齢のロイドゲープにも配慮しつつ、命の残り火を燃やすように書き綴られた第1番が愛おしく感じられます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。