ホーム > アルバム > 8.553624 プロコフィエフ:交響的協奏曲/チェロ・コンチェルティーノ/プーシキンのワルツ(ルーディン/ウクライナ国立響/クチャル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553624
CD発売時期
1997年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev
編曲者
ウラディーミル・ブロク Vladimir Blok
アーティスト
ウクライナ国立交響楽団 Ukraine National Symphony Orchestra , テオドレ・クチャル Theodore Kuchar , アレクサンドル・ルーディン Alexander Rudin

プロコフィエフ:交響的協奏曲/チェロ・コンチェルティーノ/プーシキンのワルツ(ルーディン/ウクライナ国立響/クチャル)

PROKOFIEV: Symphony-Concerto / Cello Concertino / Pushkin Waltzes

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553624

全トラック選択/解除

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
交響的協奏曲 ホ短調 Op. 125 (チェロ協奏曲第2番)

Symphony-Concerto in E Minor, Op. 125

録音: 26-28 December 1995, Concert Hall of Ukrainian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/196769
**:**
»  I. Andante
1.

-

**:**
»  II. Allegro giusto
2.

-

**:**
»  III. Andante con moto - Allegretto - Allegro marcato
3.

-

 
**:**
チェロ・コンチェルティーノ ト短調 Op. 132

Cello Concertino in G Minor, Op. 132

録音: 26-28 December 1995, Concert Hall of Ukrainian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10737
**:**
»  I. Andante mosso
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Allegretto
6.

-

 
**:**
プーシキン・ワルツ Op. 120

Pushkin Waltzes, Op. 120

録音: 26-28 December 1995, Concert Hall of Ukrainian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/196770
**:**
»  No. 1. Waltz in F Major: Allegro espressivo
7.

-

**:**
»  No. 2. Waltz in C-Sharp Minor: Allegro meditativo
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2010/02/18
ロシア生まれのプロコフィエフは、革命後アメリカに亡命の途中、2ケ月ほど日本に滞在しました。90年前の出来事です。米国からフランスに居を移し、20年ぶりにソ連に帰国しました。チェロ協奏曲第2番は完成翌年の1952/2/18ロストロポーヴィチのチェロ、リヒテルの指揮で初演されましたが、その翌年奇しくもスターリン首相と同じ日の1953/3/5に脳出血で亡くなるとは。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
プロコフィエフを好んで聞く人にとっても、このあたりになると意外と知られていないかもしれませんが、ナクソス価格だからこそ是非チャレンジして頂きたいのが、2曲のチェロと管弦楽のための晩年作です。「交響的協奏曲」は、チェロ協奏曲第1番を大幅に改作したもので、チェリストに大変な試練を与える第2楽章が特に聞き物。これに比べると、作曲者の死のために未完に終わってカバレフスキーが完成させた「コンチェルティーノ」はそれほど評価が高くありませんが、むしろ耳には楽しく聞けます。珍しい管弦楽曲「プーシキン・ワルツ」と共にどうぞ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。