ホーム > アルバム > 8.553716 トロンボーンの芸術(トロンボーンとオルガンのための作品集)(トゥルーデル/ウェッド)

トロンボーンの芸術(トロンボーンとオルガンのための作品集)(トゥルーデル/ウェッド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553716
CD発売時期
1999年2月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アレクサンドル・ギルマン Alexandre Guilmant , ベルンハルト・クロル Bernhard Krol , ハラルド・ゲンツマー Harald Genzmer , エルンスト・シフマン Ernst Schiffmann , フリードリヒ・ベルケ Friedrich August Belcke , グスターヴ・ホルスト Gustav Holst , フランツ・リスト Franz Liszt , Ottorino Hoser
アーティスト
パトリック・ウェッド Patrick Wedd , アラン・トゥルーデル Alain Trudel

トロンボーンの芸術(トロンボーンとオルガンのための作品集)(トゥルーデル/ウェッド)

TROMBONE (THE ART OF THE)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553716

全トラック選択/解除

グスターヴ・ホルスト - Gustav Holst (1874-1934)

**:**
トロンボーンとオルガンのための二重奏曲
1.

Duet for Trombone and Organ

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7058

エルンスト・シフマン - Ernst Schiffmann (1901-1980)

**:**
Intermezzo, Op. 53
2.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2024775

Ottorino Hoser (1897-1959)

**:**
Romanze (cadenza: A. Trudel)
3.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2024776

アレクサンドル・ギルマン - Alexandre Guilmant (1837-1911)

**:**
Morceau symphonique, Op. 88 (cadenza: A. Trudel)
4.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2024777
 
**:**
Chorale (Kirchenordnung Braunschweig)
5.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2024778

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
Hosannah, S677
6.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2024779

ベルンハルト・クロル - Bernhard Krol (1920-)

**:**
サクラ・シンフォニア 「イエス、わが喜び」 Op. 56
7.

Sinfonia Sacra, Op. 56, "Jesu, meine Freude"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2024780

フリードリヒ・ベルケ - Friedrich August Belcke (1795-1874)

**:**
Fantasia, Op. 58
8.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2024781

ハラルド・ゲンツマー - Harald Genzmer (1909-2007)

**:**
Trombone Sonata

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2024782
**:**
»  I. Moderato
9.

-

**:**
»  II. Adagio
10.

-

**:**
»  III. Vivo (Finale)
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
オルガンとトロンボーン、単に物珍しいだけの組み合わせかと思いきやとんでもありません。両者とも音色の重厚さではもともとずば抜けたものがありますが、オルガンのピアノに負けない多彩な表現力、トロンボーンの肉声に負けない「朗々と歌う」能力の相乗効果がもたらす、圧倒的説得力を持つ作品が大集合した一枚となっています。ホルストの二重奏曲での明・暗それぞれの楽想の見事な演じ分け、シンプルな旋律線がこの上なく生気に彩られながら歌われるリストの「ホザンナ」等、一見奇妙なコンビに秘められた大いなる可能性には、目からウロコが落ちる思いがします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。