ホーム > アルバム > 8.553768 アレンスキー:組曲第1番 - 第3番(モスクワ響/ヤブロンスキー)

アレンスキー:組曲第1番 - 第3番(モスクワ響/ヤブロンスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553768
CD発売時期
2003年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントン・ステパノヴィチ・アレンスキー Anton Stepanovich Arensky
アーティスト
モスクワ交響楽団 Moscow Symphony Orchestra , ドミトリ・ヤブロンスキー Dmitry Yablonsky

アレンスキー:組曲第1番 - 第3番(モスクワ響/ヤブロンスキー)

ARENSKY: Suites Nos. 1-3

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553768

全トラック選択/解除

アントン・ステパノヴィチ・アレンスキー - Anton Stepanovich Arensky (1861-1906)

**:**
組曲第2番 「シルエット」 Op. 23

Suite No. 2, Op. 23, "Silhouettes" (version for orchestra)

録音: October 1995, Mosfilm Studio, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40146
**:**
»  I. Le Savant (The Scholar)
1.

-

**:**
»  II. La Coquette (The Coquette)
2.

-

**:**
»  III. Polichinelle (The Buffoon)
3.

-

**:**
»  IV. Le Reveur (The Dreamer)
4.

-

**:**
»  V. La Danseuse (The Dancer)
5.

-

 
**:**
組曲第1番 ト短調 Op. 7

Suite No. 1 in G Minor, Op. 7

録音: October 1995, Mosfilm Studio, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40147
**:**
»  I. Variations sur un theme russe
6.

-

**:**
»  II. Air de danse
7.

-

**:**
»  III. Scherzo
8.

-

**:**
»  IV. Basso ostinato
9.

-

**:**
»  V. Marche
10.

-

 
**:**
組曲第3番 ハ長調 Op. 33

Suite No. 3, Variations in C Major, Op. 33 (version for orchestra)

録音: October 1995, Mosfilm Studio, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40148
**:**
»  I. Theme (Andante)
11.

-

**:**
»  II. Variation I: Dialogue
12.

-

**:**
»  III. Variation II: Valse
13.

-

**:**
»  IV. Variation III: Marche triomphale
14.

-

**:**
»  V. Variation IV: Menuet (XVIIIeme siecle)
15.

-

**:**
»  VI. Variation V: Gavotte
16.

-

**:**
»  VII. Variation VI: Scherzo
17.

-

**:**
»  VIII. Variation VII: Marche funebre
18.

-

**:**
»  IX. Variation VIII: Nocturne
19.

-

**:**
»  X. Variation IX: Polonaise
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
リムスキー=コルサコフに学び、ラフマニノフやスクリャービンを教え、チャイコフスキーの知己であったアレンスキーは、その立場が物語るとおり、ロシア情緒とヨーロッパ流の技法を融合させる、19世紀ロマン派ロシア音楽の王道を行くといえましょう。当番収録の管弦楽組曲第2、第3番は2台ピアノのための秘曲・名曲としても名高い(そちらの方がオリジナル)ですが、いずれもリリカルな可憐さが際立っています。そんな出自のためもあると思いますが、ピアノを効果的に使用した第3番の、「18世紀のメヌエット」や「夜想曲」などはとりわけ素晴らしく、まさに夢を見るような、うっとりとするほどの美しさです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。