ホーム > アルバム > 8.553770 フィールド:ピアノ協奏曲第1番, 第3番(フリス/ノーザン・シンフォニア/ヘイスラム)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553770
CD発売時期
1997年8月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ジョン・フィールド John Field
アーティスト
ノーザン・シンフォニア Northern Sinfonia , ベンジャミン・フリス Benjamin Frith , デイヴィッド・ヘイスラム David Haslam

フィールド:ピアノ協奏曲第1番, 第3番(フリス/ノーザン・シンフォニア/ヘイスラム)

FIELD, J.: Piano Concertos, Vol. 1 - Nos. 1 and 3 (Frith, Northern Sinfonia, Haslam)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553770

全トラック選択/解除

ジョン・フィールド - John Field (1782-1837)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 H. 27

Piano Concerto No. 1 in E-Flat Major, H. 27

録音: 5-6 January 1996, Jubilee Theatre, St. Nicholas Hospital, Newcastle, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6926335
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Air Ecossais, "Within a mile of Edinburgh town": Adagio non troppo
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro vivace
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第3番 変ホ長調 H. 32

Piano Concerto No. 3 in E-Flat Major, H. 32

録音: 5-6 January 1996, Jubilee Theatre, St. Nicholas Hospital, Newcastle, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6926336
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Rondo: Tempo di polacca
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ロマン派を代表する美しい音楽「夜想曲」を創った男として有名なフィールドは、愛人に深酒に長年の直腸癌にと波瀾万丈の人生を送りました。第1協奏曲はフィールドが16才の頃に作ったみずみずしい佳品で、彼はその後この曲をヨーロッパ各地で弾きまくり、一躍人気者となりました。なお、第2楽章で使われている旋律は当時のイギリスの流行歌です。続く第3協奏曲は、ゆったりとした歌謡楽章を欠く、フィールド独自の形式で書かれています。しかし第1楽章がおおらかに歌う音楽であるので違和感はありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。