ホーム > アルバム > 8.553790 べック/ゴセック:シンフォニア集(ノーザン室内管/ウォード)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553790
CD発売時期
1996年9月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランソワ=ジョセフ・ゴセック François-Joseph Gossec , フランツ・イグナーツ・ベック Franz Ignaz Beck
アーティスト
ニコラス・ウォード Nicholas Ward , ノーザン室内管弦楽団 Northern Chamber Orchestra

べック/ゴセック:シンフォニア集(ノーザン室内管/ウォード)

BECK, F.I. / GOSSEC, F.-J.: Symphonies (Northern Chamber Orchestra, Ward)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553790

全トラック選択/解除

フランソワ=ジョセフ・ゴセック - François-Joseph Gossec (1734-1829)

**:**
シンフォニア 変ロ長調

Sinfonia in B-Flat Major

録音: 15-16 January 1996, Victoria Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1419
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

フランツ・イグナーツ・ベック - Franz Ignaz Beck (1734-1809)

**:**
交響曲 ニ長調 (Callen 30)

Symphony in D Major, (Callen 30)

録音: 15-16 January 1996, Victoria Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/423645
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Minuetto
6.

-

**:**
»  IV. Presto
7.

-

フランソワ=ジョセフ・ゴセック - François-Joseph Gossec (1734-1829)

**:**
シンフォニア ト長調

Sinfonia in G Major

録音: 15-16 January 1996, Victoria Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/423646
**:**
»  I. Allegro molto
8.

-

**:**
»  II. Andante moderato
9.

-

**:**
»  III. Presto
10.

-

フランツ・イグナーツ・ベック - Franz Ignaz Beck (1734-1809)

**:**
交響曲 ニ長調 Op. 10. No. 2 (Callen 34)

Symphony in D Major, Op. 10. No. 2 (Callen 34)

録音: 15-16 January 1996, Victoria Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/423647
**:**
»  I. Allegro
11.

-

**:**
»  II. Andante
12.

-

**:**
»  III. Presto
13.

-

 
**:**
交響曲 ホ長調 Op. 13 No. 1 (Callen 25)

Symphony in E Major, Op. 13, No. 1 (Callen 25)

録音: 15-16 January 1996, Victoria Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/423648
**:**
»  I. Allegro
14.

-

**:**
»  II. Andante
15.

-

**:**
»  III. Allegro
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ドイツのF.I.ベックは、若い頃から才能を評価されていました。しかし、ライバルを決闘で殺してイタリアに逃避。そこで得たパトロンの娘と駆け落ちしてフランスに逃避。そこでは革命に巻き込まれて法廷で訴追と、波乱に満ちた生涯を送りました。一方、フランスのゴセックは国内でその地位を高めて行った後、革命の時には積極的に革命勢力を支持して活躍し、フランス音楽界に君臨した人物です。二人とも黎明期の交響曲に大きな足跡を残しました。二者二様の人生に思いを巡らせながらお聴き下さい。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。