ホーム > アルバム > 8.553840 アグリコラ:世俗作品集「絶望した幸福の女」(アンサンブル・ユニコーン/ボッシュ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553840
CD発売時期
1999年4月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 室内楽
作曲家
アレクサンドル・アグリコラ Alexander Agricola
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
アンサンブル・ユニコーン Ensemble Unicorn , ミヒャエル・ポッシュ Michael Posch

アグリコラ:世俗作品集「絶望した幸福の女」(アンサンブル・ユニコーン/ボッシュ)

AGRICOLA, A.: Fortuna desperata - Secular Music of the 15th Century(Ensemble Unicorn)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553840

全トラック選択/解除

アレクサンドル・アグリコラ - Alexander Agricola (1446-1506)

**:**
A la mignonne de fortune
1.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41
 
**:**
Adieu m'amour No. 1
2.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/42
 
**:**
Adieu m'amour No. 2
3.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/43
 
**:**
「去るがよい、悲しみよ」
4.

Allez, regretz

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/50
 
**:**
Guarde vostre visage No. 1
5.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/58
 
**:**
S'il vous plaist
6.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/62
 
**:**
Et qui la dira
7.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/56
 
**:**
私の愛しい女はあらゆるすぐれた才にたけ 第1番
8.

De tous bien plaine No. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/53
 
**:**
私の愛しい女はあらゆるすぐれた才にたけ 第2番
9.

De tous bien plaine No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/54
 
**:**
私の愛しい女はあらゆるすぐれた才にたけ 第3番
10.

De tous bien plaine No. 3

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/55
 
**:**
Soit loing ou pres
11.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/63
 
**:**
Guarde vostre visage No. 2
12.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/59
 
**:**
Ay je rien fet
13.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/51
 
**:**
Sonnes muses melodieusement
14.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/64
 
**:**
Guarde vostre visage No. 3
15.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/60
 
**:**
J'ay beau huer
16.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/61
 
**:**
Cecus non iudicat de coloribus
17.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/52
 
**:**
手に負えない運命の女神よ
18.

Fortuna desperata

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/57
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
名前だけは音楽史の書物で目にするものの、その作品を実際に耳にできない作曲家は大勢います。ルネサンスの音楽がその頂点にあった頃のアグリコラもその一人で、フランドル出身の世俗歌曲作家としてジョスカンの同時代の重要人物なのに、まとまった録音に恵まれませんでした。15世紀の典型的な3声のシャンソンの技法に熟達した対位法の名手に、遂に実際の音で近づけるのです。その感触は硬派的、耳に媚びる物ではありませんが、音楽史探求派には必聴物と言えるでしょう。いつもは派手なアンサンブル・ユニコーンも今回はしっとりと演ってくれました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。