ホーム > アルバム > 8.553885-86 エルガー:ゲロンティアスの夢 Op. 38(ボーンマス響/デイヴィッド・ヒル)

エルガー:ゲロンティアスの夢 Op. 38(ボーンマス響/デイヴィッド・ヒル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553885-86
CD発売時期
1997年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar
作詞家
ジョン・ヘンリー・ニューマン John Henry Newman
アーティスト
ネヴィル・クリード Neville Creed , ウィリアム・ケンドール William Kendall , デイヴィッド・ヒル David Hill , サラ・フライアー Sarah Fryer , マシュー・ベスト Matthew Best , ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , ボーンマス交響合唱団 Bournemouth Symphony Chorus , ワインフリート・シンガーズ Waynflete Singers

エルガー:ゲロンティアスの夢 Op. 38(ボーンマス響/デイヴィッド・ヒル)

ELGAR: The Dream of Gerontius, Op. 38

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553885-86

全トラック選択/解除

Disc 1

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
オラトリオ「ゲロンティアスの夢」 Op. 38

The Dream of Gerontius, Op. 38

録音: 13-14 November 1996, Wessex Hall, Poole Arts Centre, Poole, Dorset, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4643
**:**
»  Part I: Prelude
1.

-

**:**
»  Part I: Jesu, Maria - I Am Near to Death
2.

-

**:**
»  Part I: Rouse Thee, My Fainting Soul
3.

-

**:**
»  Part I: Sanctus Fortis, Sanctus Deus
4.

-

**:**
»  Part I: Proficiscere, Anima Christiana
5.

-

Disc 2

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
オラトリオ「ゲロンティアスの夢」 Op. 38

The Dream of Gerontius, Op. 38

録音: 13-14 November 1996, Wessex Hall, Poole Arts Centre, Poole, Dorset, England
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4643
**:**
»  Part II: I Went to Sleep
1.

-

**:**
»  Part II: It is a Member of That Family
2.

-

**:**
»  Part II: But Hark! Upon My Sense Comes a Fierce Hubbub
3.

-

**:**
»  Part II: I See Not Those False Spirits
4.

-

**:**
»  Part II: But Hark! A Grand Mysterious Harmony
5.

-

**:**
»  Part II: Thy Judgement Now is Near
6.

-

**:**
»  Part II: I Go Before My Judge
7.

-

**:**
»  Part II: Softly and Gently, Dearly-Ransomed Soul
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
合唱王国イギリスが生んだ幾多の声楽曲の中で何を聞くか、真っ先に挙げられるべきなのが「ゲロンティアスの夢」。これまで聞きそびれていた方も、ナクソス価格の最新録音というチャンス到来です。丁度世紀の変わり目1900年に完成・初演され、準備不足で初演こそ失敗だったものの、その後リヒャルト=シュトラウスの絶賛も受け、エルガーの代表作になりました。ヘンデルやメンデルスゾーンの影響下から抜けられなかった英国合唱音楽がついにその殻を破った、瀕死の主人公が生死の境で体験する情景を壮大なスケールで描く傑作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。