ホーム > アルバム > 8.553974 ディッタースドルフ:シンフォニア集(ファイローニ管/グロット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.553974
CD発売時期
1998年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
カール・ディッタース・フォン・ディッタースドルフ Carl Ditters von Dittersdorf
アーティスト
ウーヴェ・グロット Uwe Grodd , ファイローニ管弦楽団 Failoni Orchestra, Budapest

ディッタースドルフ:シンフォニア集(ファイローニ管/グロット)

DITTERSDORF: Sinfonias

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.553974

全トラック選択/解除

**:**
Sinfonia in D Minor, Grave d1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4146
**:**
»  Adagio
1.

-

**:**
»  Allegro vivace
2.

-

**:**
»  Minuetto: Allegretto
3.

-

**:**
»  Presto non troppo
4.

-

 
**:**
Sinfonia in F Major, Grave F7

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4147
**:**
»  Allegro
5.

-

**:**
»  Andante
6.

-

**:**
»  Minuetto
7.

-

**:**
»  Presto
8.

-

 
**:**
Sinfonia in G Minor, Grave g1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4148
**:**
»  Allegro
9.

-

**:**
»  Andante
10.

-

**:**
»  Minuetto
11.

-

**:**
»  Presto con garbo
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 投稿日:2008/08/28
シンフォニアとは、当時オペラの序曲とされたり、後の交響曲となる管弦楽曲とされたりして定義はあいまいです。イタリア音楽の流麗な旋律にドイツ音楽の重厚が調和した独特な味わいがある作品集です。ディッタースドルフは、18世紀のウィーンで、ハイドン、モーツァルト、ヴァンハルなどと共に弦楽四重奏を楽しんだと伝えられますが、蓄音機・レコードが発明されたのは、その約100年後。豪華メンバーの演奏は聴くよしもありません。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ハイドンやモーツァルトと同じ時代に活躍し、同じように交響曲(シンフォニア)を量産したディッタースドルフ、やや貧乏クジの忘却された存在になりがちですが、ちゃんと優れた曲も残していて、この盤ではト短調シンフォニアが特に要注目です。ト短調交響曲というと、モーツァルトの2曲と意識、無意識に比較してしまうのはどうしようもないところですが、さすがに第40番(大ト短調)にはやや旗色が悪いにしても、なかなかどうして立派な作品です。両端楽章の疾走感や展開部での転調の連続など聴かせどころはしっかりしており、第25番(小ト短調)には優に匹敵するのでは!?

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。